人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼「社会と表現2013」(演習『現実』ゲスト講義#03)
d0017381_20533598.jpg
「よいデザイナー、よい作家、よい芸術家たちほど、トラブルをよく起こす」
(ティボール・カルマン).

「社会と表現2013」(演習『現実』ゲスト講義#03)
[日時] 2013年12月10日(火)18:00-19:30(休憩10分)19:40-21:10
[場所] 東京・多摩美術大学造形表現学部デザイン学科B1F・CR2
 (東京都世田谷区上野毛3-15-34)
[講師] 竹川宣彰(アーティスト)+アキラ・ザ・ハスラー(アーティスト)
小田マサノリ/イルコモンズ(文化人類学/現代美術家/民衆音楽)

[内容] 2013年に振り返る、社会と表現について勉強します。

 前半は、アーティストの竹川宣彰さんをお迎えして、原発、差別や秘密保護法など、日本社会が緊急課題を抱えている状況下でアートと社会の関係をいかに再構築し機能的に関わることができるか。路上での体験や、それと平行した(ときに交わる)作品についてのお話をしていただく予定です。(同じくアーティストで社会問題に関わりながら制作を続けるアキラ・ザ・ハスラーさんとのお二人での講義になるかもしれません)
 後半は、官邸にて野田首相(当時)との面会に至った小田マサノリさんをお迎えして、社会問題に関わった海外のグラフィックデザイナーの紹介、バンクシーやJRといった路上とギャラリーを行き来する存在、路上のグラフィック表現の延長としてのプラカードなど、文化人類学的な視点で、デザインとアートと社会と表現についてお話いただく予定です。

[参考リンク]
▼竹川宣彰
http://takekawanobuaki.com
http://www.otafinearts.com/ja/artists/nobuaki-takekawa/
http://xyzcollective.org/exhibitions/index.php?itemid=8
▼アキラ・ザ・ハスラー
http://akirathehustler.tumblr.com/
http://www.otafinearts.com/ja/artists/akira-the-hustler/
▼小田マサノリ/イルコモンズ
http://illcomm.exblog.jp/
http://illcommonz.wordpress.com/pro/

 「後半では、バンクシーやJRのほか、ティボール・カルマン、ファースト・シングス・ファースト、アドバスターズ、マーク・ウォリンガー、281、アクトアップ、ジョナサン・バーンブルック、ボブ&ロバート・スミス、インプロヴエヴリウェア、表現人の会、などを紹介します。」(イルコモンズ)

------------------
kohchihara ?@chiharakoh
「明日12/10(火)18~21:10、現実ゼミ第3回ゲスト講義『社会と表現2013』講師:竹川宣彰+アキラ・ザ・ハスラー、小田マサノリ/イルコモンズ、開催します。アートとデザイン、有名と無名、路上と画廊、社会と表現などを考えます。聴講自由。若者も中年も多摩美上野毛に来てください。」
by illcommonz | 2013-12-09 20:54
<< ▼もう、がまんできん、 ▼嵐のサックス >>