Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼会田誠には何も期待するな、会田誠はNO FEELING

d0017381_21343721.jpg
会田誠展「もう俺には何も期待するな」
【会期】2014年1月29日(水)-3月8日(土) 11:00ー19:00
【会場】東京・新宿ミヅマアートギャラリー
東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル2F

▼会田誠「土人@男木島」(2013年 ビデオ 約50分)
 「本展は、会田誠初の監督作品となる映像作品をメインに構成します。2013年夏、瀬戸内国際芸術祭参加のため、会田は約1ヶ月半男木島に滞在し、本人が一人でカメラを回し続けました。本作《土人@男木島》は、過疎化が進んでしまった小さな島に謎の先住民(土人)が現れたという設定で物語が進行します。架空のクイズ番組のレポーターが島を訪れ、クイズを出題するという形式で土人たちの生活が浮き彫りになっていきます。土人に扮するのはアウトドアが好きな若手アーティスト達。会田曰く、「大人の夏休みに行き当たりバッタリで撮った映像。アートと思って肩肘張らず、楽しんで見てもらいたい」とのこと。本作品の上映時間は約50分です。午前11時より毎時00分から上映を開始いたしますので、是非その時間に合わせ、ご来廊いただければ幸いです。(1日8回、最終上映開始午後6時)。またギャラリー奥のスペースでは、挿絵など、この1年で会田が手掛けた仕事がご覧いただけます。」

---------------------
 自分が監修した「アトミックサイト」展を別にすれば、この三年間、現代美術の展示や個展を見に出かけたという記憶がほとんどない(故・東谷隆司の展示さえ見逃してしまったくらいである)。もしかすると、一度か二度くらいは、なにか見にいっていたかもしれないが、まるで記憶がない。いずれにしても、わざわざ初日に見にでかけるなどということはなかった。そんな自分がすっかり重くなった腰をあげ、わざわざ初日に見にいったのが、この会田誠の個展である。これは見にいきたいと思った。自分をふと、そんな気にさせたのは、「もう俺には何も期待するな」というタイトルと「土人」の二文字である。結論からいえば、この展示をみて、ほとんど消えかけていた現代美術への関心をとりもどしたのだが、とはいえ、タイトルのとおり、この展示に何かを期待してはいけない。会田誠に何も期待してはいけない。映画「土人」には、モラルも教養も知性も正義も教訓も意味もメッセージも愛も怒りもなにもない。つまり近代以後の映画やアート、あるいは、危機の時代の映画やアートにどうしようもなく宿ってしまうはずのものが見事にない。それは会田が意図的に削ぎ落としたり否定しているのではなく、ただ単に「ない」のである。だから、そこには何の凄みもなければ、超克のドラマもない。土人たちとの交流を通して語られる文明批評的言説は、単に映画を終わらせるためだけの、つけたしにすぎず、本来そこに宿るはずのはずのなにかがない。「ただ単にない」としか云いようのない、この居心地のわるい感じは、会田誠の仕事に一貫しているもので、うまく言葉にできない、このもどかしい感じを味わいたくて、会田誠のつくるものを見にいくのだが、今回の展示では、会田自身がそれを表現している言葉を見つけた。「ふるさとは NO FEELING」という壁画のタイトルがそれである。「ふるさとは NO FEELING」は、いかにも安物の金紙をはりつけた巨大な屏風に、凡庸な野山の風景と放射能マークをライヴペインティングで描いた、いわゆる「3.11以後的」な作品で、会田が好む素人の描く「標語ポスター」のように、画の上に「ふるさとは NO FEELING」となぐり書きされている。そして、この壁画には「3.11以後的」なアートにどうしようもなく宿るはずのものが、「3.11以後的な作品」であれば当然そこに期待してしまうものが、やはりない。削ぎ落としたり否定しているのではなく、ただ単にないのであり、会田はその欠落を「ふるさとは NO FEELING」というタイトルで見事に表現している。見事とはいえ、「ふるさとは NO FEELING」というのは、日本語としても英語としても不恰好で居心地のわるい表現である。主語である「ふるさと」が「無感覚」なのか、ふるさとに「無関心」なのかよくわからない表現だが、「NO FEELING」の語は、会田のつくるものに、あるべきものがないことの告白あるいは弁明として読める。そう、会田誠は「NO FEELING」であり、すべてにおいて「心がこもってない」のである。それは虚無主義でもなければ諦念主義でもなく、あえて居心地のわるい日本語にすれば、単無主義である。そしておそらく「ふるさと」とは日本のことであり、「土人」とは、近代以後、そして3.11以後ですらまだ、近代人なら持っているはずの正義や倫理や道徳や超克への意志を持ちそこねている、いまだ「市民」にも「近代人」になりきれていない、会田もふくめた、私たち日本人のことではないだろうか。とはいえ会田が、浅田彰や大塚英志のように、「土人」という言葉で、それを批判し蔑んでいるのでないことは、映画をみればわかる。心こそこもってないが、映画はむしろ「土人上等!」と云っている。だがそれは決して、開きなおりやポジティヴ・シンキングではなく、ましてや近代以前の日本人の源流なるものに対する礼賛やロマンでもなく、そこには依然として、なにかになりきれない「なりきれなさ」からくる一抹のエレジー(哀歌)がある。「誠(まこと)」と名づけられたものの、「誠の人」になりきれない会田の業(ごう)ともいうべき、かなしみがある。会田がつくるものをふと見にゆきたくなるのは、会田のエレジーに耳をすませたいからなのかもしれない。

[追記]
d0017381_2135675.jpg
これを書いているときにちょうど、以前、村崎百郎について書いた文章を、村崎のアーカイヴ展で使いたいという依頼がきた。その文章を読みよみなおしていたら、「土人」の会田と「鬼畜」の村崎には、どこか似ているところがあるような気がしてきたので、転載して追記しておけば、会田は「近代と3.11以後のアートに徹しきれないこと」を自らの業としてひきうけた、「日本/土人的な、あまりに日本/土人的な作家である」。
[PR]
by illcommonz | 2014-01-31 21:36
<< ▼「もし安倍政権と自民党にさよ... ▼「特定秘密保護法に反対する学... >>