Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「NOddIN レイトショー&トークイベント」
d0017381_21431678.jpg
「NOddIN レイトショー&トークイベント」
[日時] 2014年2月3日20:20- ※上映後トーク
[場所] 東京・渋谷アップリンク・ファクトリー
[出演] ショウダユキヒロ、柿本ケンサク、佐藤亜美、イルコモンズ
[料金] 1,300円

 「3.11という地点を通り、私たちは価値観がひっくり返るのを感じました。映像に関わって仕事をしている私たちは、作り手としての視点と責任からこれまでのような作り方、ものの見かたを一度変えなければ、と感じるようになりました。日本をひっくり返して見てみよう。これは日本のフィルムメーカーからの提案です。NOddINは組織名ではありません。NOddINは、今までと違う視点を持って生きていきたいと思う心の集まりです。かれたこの扉を、やがて様々な職業、様々な立場、々な意見を持つ人々がノックしてくれることを願っています。」

d0017381_2144776.jpg
[上映作品]
 ・谷一郎「Here,There」(2013年 4分50秒)
 ・丹下紘希「あなたを心配する手紙」(6分19秒)
 ・丹下紘希「未来への手紙」(5分13秒)
 ・丹下紘希「シリーズ テレビの歴史」
 ・丹下紘希「トーキョーミラクルラブストーリー」(5分2秒)
 ・石井貴英「マツマチ」(10分41秒)
 ・関根光才「IVAN IVAN」(9分03秒)
 ・ショウダユキヒロ「RISE」(2分35秒)
 ・佐藤亜美「Ce qui arrive」(8分7秒)
 ・柿本ケンサク「FUKUSHIMA」(17分10秒)
 ・島田大介「ただいま。」(26分53秒)

[ゲスト] イルコモンズ (a.k.a.小田マサノリ) 1966年、福岡生まれ。現代美術家、文化人類学者、メディアアクティヴィスト、多摩美術大学芸術学部非常勤講師、中央大学文学部兼任講師、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所特任研究員。「T.D.C.」「ウランアゲル」などで音楽活動、「R.L.A.T.」で研究活動、「いるといらとそのなかまたち」でアクティヴィズム活動を行なう。2003年~2004年「殺すな」で伊東篤宏、山川冬樹らと共に活動。2008年G8サミットに抗議するデモを「扇動」した容疑で逮捕(不起訴処分)。最近の展示「イルコモンズの回顧と展望」(大阪市立近代美術館 2008年)「アクティヴィズム3.0」(ヨコハマ国際映像祭 2009年)「トランス-フォーメーション-サイクル」(東京都現代美術館 2010年)。
 原発事故後、いち早く作品を発表。「夢の原子力エネルギーから、悪夢の原発事故までの半世紀」を「サブカルチャー」の視点から回顧し、3.11以後の「カウンター・カルチャー」を展望した「アトミックラウンジ」展、「レヴェル7」といわれる現在の「終わらない異常な日常」を直視するために、サブカルチャー的な想像力によって構成した「レヴェル8」の世界を表現した「アトミックサイト」展では、伊東篤宏(美術家)、石川雷太(美術家)、山川冬樹(アーティスト)らが参加。多くのアーティストに反響を呼んだ。当日は「アトミックサイト」の作品を紹介し、311をきっかけに作品をグループで作ることとは何か? 作品づくりに本質に迫る。


▼「アトミックサイトスティルアライヴ展示」(2013年)
[PR]
by illcommonz | 2014-01-31 21:49
<< ▼小田マサノリ 集中講義「メデ... ▼「もし安倍政権と自民党にさよ... >>