Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「メディアと芸術」オンライン・プリント
d0017381_16121256.jpg
▼小田マサノリ 「メディアと芸術」(2014年) 講義資料
 オンライン・オープン・プリント(A4ヨコ・リーフレット編集版・表紙つき)

 この講義では「岩波文庫」におさめられるような、BASICなメディア論(ウィリアム・モリス、ヨゼフ・チャペック、カレル・チャペック、チャールズ・チャップリン、ムハトマ・ガンジー、エーリッヒ・リョイルマン、アルビン・フラー、ルイス・マンフォード、エルネスト・シューマッハほか)の機械文明・科学技術論から、最近の「新書」におさめられるような比較的あたらしいテクノロジー・メディア論(ニコ・メレ、クリス・アンダーソン、ビル・マッキベン、エリック・マクルーハン、ジョシュア・メイロウィッツ、ポール・ヴィリリオ、ミヒャエル・エンデ、ヨーゼフ・ボイス、アントニオ・ネグリ、ジル・ドゥルーズ、ゴドフリー・レジオ、宮崎駿ほか)までをとりあげ、人類最古のメディアである石器から、近未来のメディアであるグーグルグラスのようなAR(拡張現実)デバイスまで、「テトラッド」というメソッドをとおして、「強化」「衰退」「反転」「復活」という4つの視点から、メディアを考えます。

▼「メディアと芸術」講義用シラバス+インデックス
http://illcomm.exblog.jp/20329044/
▼「メディアと芸術」講義用オンライン・テキスト1
http://illcomm.exblog.jp/20335352/
▼「メディアと芸術」講義用オンライン・テキスト2
http://illcomm.exblog.jp/20335388/
▼「メディアと芸術」講義用オンライン・テキスト3
http://illcomm.exblog.jp/20335398/

【おしらせ】
ご要望があれば、2014年に立命館アジア太平洋大学でおこなった本集中講義(15回
)を他大学・専門学校・市民講座でもおこないます。通年(30回)、半期(15回)、集中講義のほか、ご要望に応じて講義をうけたまわりますので、本エントリーのコメント欄から、ご連絡ください。


d0017381_16125894.jpg
d0017381_16133998.jpg
d0017381_16141083.jpg
d0017381_16151549.jpg
d0017381_1616369.jpg
d0017381_16165684.jpg
d0017381_16202111.jpg
d0017381_1621489.jpg
d0017381_16213231.jpg

「Linux(フリーのOSソフト)は、僕が分かってるつもりだったものを、大幅にひっくりかえしてくれた。それまでも、小さなツールや高速プロトタイプ、進化的プログラミングといった Unix の恩恵は説いてきたが、そのもっと上のレベルでは、より中央集権的なアプローチが必要だと思っていた。いちばん大事なソフトは、「大聖堂」のように組みたてられなければならず、ひとりの魔法使いか、あるいは、魔術師たちの小さなグループが独自に、かつ慎重に組みあげてゆくべきもので、完成するまでに、ベータ版を何度も出さなければいけないと思っていた。だから リーヌス・トーヴァルズ(Linux の開発者)の開発スタイル、つまり、さっさとリリースし、人にまかせられるものは何でもまかせ、何でもオープンにすることには驚かされた。それは、静かで荘厳な大聖堂づくりではなく、むしろ、いろんな作業やアプローチが渦まく、騒がしい「バザール(青空市場)」に似ていた。そこから安定して一貫したシステムがうまれるには、いくつもの奇跡が続かなければ不可能だと思えたが、どういうわけか、この「バザール方式」が、まともに機能するらしく、しかも、みごとな結果を生みだすことは衝撃以外のなにものでもなかった。」(エリック・レイモンド 「大聖堂とバザール」1997年)
[PR]
by illcommonz | 2014-02-09 16:21
<< ▼NIPPONチーム、59位に後退 ▼「メディアと芸術」講義用オン... >>