Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼幻想のヨーロピアン
d0017381_1222666.jpg東欧旅行のお土産にハンガリー料理
「グーラッシュ」のもとをいただいたので、
つくってみました。レシピが読めないので、
絵だけをたよりに、きのことたまねぎと
マロニーさんを、あるだけ全部放りこんで、
グツグツグツと煮込んでみたら、なんとなく、
それらしいものができました。パッと見た
感じは、空飛ぶ魔女の火鍋のようですが、
ひとくち食べてみると、森に棲む大男の
体臭の香りがしました。

血の気のある肉は何もいれてないのに、何だか妙に血の匂いのする料理でした。
パプリカの粉がたくさん混じってたようで、かなり辛かったのですが、カレーが
好きなちびこもんずは「赤いカレーだ~」とかいって、マロニーさんをちゅるちゅる
しながら、口のまわりを真っ赤にして貪り食ってました。しかし、たかがシチュー
なのに、こうしてそれを文章にしようとすると、ヨーロッパに対する幻想がむくむく
とあたまをもたげてきて、オクシデンタリズムまるだしの表象になるのは、たぶん、
ヨーロッパに行ったことがないせいだと思います。あれだけたくさんのヨーロッパ
映画を見ていてもなお、食べものを表象するときに、文学(童話)的幻想が沸いて
くるのは、おもしろい現象だなと思いました。おそらくそれはオリエンタリズムに
ついても同じで、洋の東西を問わず、書くという行為そのものの中にどうやら過剰
な表象を呼び込んでしまう罠があるのかもしれぬと思いました。ちなみに行った
ことがないのは別に、ヨーロッパだけでなく、アメリカにも行ったことがありません。
行ったことあるのはインドとパキスタン、マレーシアとアラブ、そしてアフリカだけで、
アフリカから先の土地には、まだ行ってみたことがありません。ハワイもグアムも
行ったことありません。アフリカから先の北半球の世界のほとんどが、まだ見ぬ
幻想の土地なのです。もしお金と時間があれば南米に行ってみたいと思ってます。
[PR]
by illcommonz | 2005-10-21 20:09
<< ▼家庭用直管型とサークル型 ▼思い出さなくてもよい思い出せ... >>