Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼右側に席をとれ
・・・というのが、ゴダールの「ヌーヴェルヴァーグ」を観るときの
お約束なので、昨晩は上映がはじまる1時間近くも前に劇場に
着いて、開場と同時にピンポンダッシュし、最前列やや右寄りの
席をすかさず確保しました。てっきり、その席をめぐる熾烈な
争奪戦があると思ってたのですが、意外にも誰もそこに座ろう
としないので、ちょっと拍子抜けしました。

d0017381_4283927.jpg

で、どうして右側の席なのか、というと、ヌーベルバーグ時代の
ゴダールは、トリュフォーやリベット、ロメールなんかとおなじ
ヌーベルバーグ右岸派(セーヌ河をはさんで右岸に彼らの活動
拠点だった「カイエ・デュ・シネマ」編集部があったことに由来する
命名)に属していたからだ、という、おそらくは本当にただそれだけ
のパスティーシュな理由でゴダールは、この映画の全編を通じ、
(劇中に出てくるゴヤの「裸のマハ」に至るまで)被写体に対するカメラ
の位置を一貫して右寄りに据えつけているため、映画の中の大半
のシーンが、画面のむかって左側の奥に消失点がくるという、
いわゆる、右びらきの遠近の図になっていて、これを右寄りの席
(あるいは右寄りの位置)から左斜めの角度で眺めると、ちょうど
カメラアイとぴったり同じ視点になって、すこぶる画面の見通しと
見晴らしがよいからです。

d0017381_61662.jpg
ちなみに、参考までに、アマゾン・コムのレヴューを見てみると、
「『ヌーヴェルヴァーグ』は駄作だ、と私は思う。明らかに詩的
であることを志向しつつも、映画は観客に快楽を許さない。
この居心地の悪さは意図的なものか?」という記事があります
が、おそらくこのレヴュワーの方は、映画館で左側の席に座っ
たか、あるいは、ビデオの正面に座って見たせいで、居心地が
悪かったんじゃないかと思います。右側に座って見ると、これほど
見ていて見心地のよい映画はありませんし、しかも今回のように
爆音で観ると、文句なしの、音響映画の傑作だと思います。

d0017381_691841.jpg
で、ようやく、ここから本題ですが、爆音で観る/聴く「ヌーヴェル
ヴァーグ」は、誇張ぬきで、凄まじいものがありました。もともと
この「ヌーヴェルヴァーグ」と題された映画は、その題名どおり、
ヴァーグ(波)が映画の重要なカギとなってる映画なのですが、
爆音で観るそれは、寄せてはかえす波どころの話ではなく、
疾風怒涛のグラン・ヴァーグ、巨大な大津波のような猛烈な
ドラマに化けてました。一般に、物語のドラマティックな展開を、
「運命の波に翻弄されるがごとく」と表現しますが、この映画は
まさにそれを字義通りに映画化したもので、映画の終盤、
シェーンベルクの曲をバックに、波が岸辺に寄せてくるように、
それまで左から右へと静かに水平移動していたカメラが、
あるところでピタッととまり、そこから波が返してゆくように、
カメラが音と光と共に、右から左にリバースしてゆくシーンは、
何度も見ても背筋がゾゾゾッとするのですが、爆音で観ると、
そのゾゾゾゾゾッが、ゾゾゾゾゾゾゾゾゾゾゾゾゾーっと
何倍にも増幅され、「海の波がすべて同じように現在も過去も
やがてひとつとなる」という言葉にむかって、そこから急展開
してゆくドラマの波にひきずりこまれていってしまいそうな
感覚を覚えます。これまではビデオを通して、もっぱらそれを
目と頭で理解していたのですが、今回はそれを耳と体とで
体験したような心地がしますので、この作品に関しては、
爆音と大画面の効果は絶大だったと思います。落雷のシーン
なんて冗談ぬきで、劇場全体の空気がズズズーンと震えて
ましたし、バンドネオンの音の洪水も凄まじいものがありました。
あと、この作品の中で一番好きな、金持ちたちの昼食会の席で
ウェイトレスがぶちキレて罵倒と呪いの科白を吐くシーンも
大音声で見ると、より感動的でした。もし、まだこの作品を
ご覧になってない方は、ぜひこの機会に劇場に足を運んで
みることをおすすめします。もちろんその時は、映像と爆音の
波を存分に浴びることのできる最前列右岸で。あと例によって、
R・チャンドラーの小説なんかからの引用が随所にありますが、
それはまぁ放っておくとして、最低限「太陽がいっぱい」だけは
見ておかれた方が確実に愉しめると思います。さらにいえば、
いっそのこと、ビデオかDVDで「ヌーヴェルヴァーグ」を先に
見ておいて、そのストーリーやからくりをある程度頭にいれた
上で、右側の席から見ると、画面右上に出る字幕が視界から
消えて、字幕に邪魔されずに、画面と音だけに集中して観る/
聴くことができます。そうやって見るとこれはかなりキますよ。
ともあれ、爆音と映像の波がおしよせる最前列波打ち際の
右側にキをつけろ」ということで、爆音ゴダールナイトは、
今週の28日(金)まで毎晩やってますので、ぜひ、どうぞ。
[PR]
by illcommonz | 2005-10-26 02:07
<< ▼きみの母を犯し、父を刺せ、と... ▼ソニ・マージュはソニ・マッサ... >>