Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「"愛"の反対は"憎しみ"ではなく"無関心"である」なら、「自己責任(論)」の反対はなんだろう?
d0017381_2263133.jpg
「いきなり「自己責任」といって突き放してしまう冷たさは何なのか」?たしかに何なのだろう?「自己責任」という言葉がさかんに飛びかっている、こういうときにこそ、おちついて、よく考えてみなければならない。たとえば、かつて、マザー・テレサがそう言ったといわれているように、「"愛"の反対とは憎しみではなく、"無関心"である」とするなら、"自己責任(論)"の反対は何だろう? うさぎによれば、それは「親切」ということになる。以下、「親切」と「自己責任」についての、子どもにでもわかるおはなし。

 「灰色は、人の心を知るために昔話をよんでみることがありました。すると、どうやら昔話には、世界のどこの国の昔話にも、共通している3つのことがあるようでした。それは、貧しい人への親切、死者への親切、動物たちへの親切、という3つのことでした。「親切」というのは、人が、他の者の痛みを感じることによって生まれる行いのようでした。しかも、その痛みを、他人ごとではなくて、自分のお腹の中の痛みとして感じとることによって、人は、相手にむかって、一歩、足を踏み出して、親切をするらしいのでした。遠くにあるものではなく、いまここに生きる、自分の中の痛みとして、感じとる。人には、そんな得体の知れない能力があるようでした。そしてどうやら、その「親切」によって、人はまわりの者や自然と、つながっているらしいのでした。人には、動物たちや、山や、神々の痛みさえ、「そんなもの関係ないよ」と切り捨てるのではなく、「自然を大切にしましょう」とアタマで考えるのでもなく、自分のお腹の中にある、正直な痛みとして、「ああ、これはひどい」と感じとる。つまり、ある人が、貧しいものなどをみて、「ああ、見ているこっちのお腹の仲間で痛むようだ。どうにかしなくては。」と思うと、手を差しのべずにはいられなくなって、その差しのべられた手によって、人と、まわりの者や自然が、つながっていくのでした。そうやって人をまわりの者や自然とつなげている「親切」を、人の心の中から追い出していくために、灰色は、言葉をつくるのが上手い手下たちを使って、1つの言葉をつくり上げました。

 それは、「自己責任」という言葉でした。

 「自己責任」という言葉を心に叩きこまれると、人は、苦しんでいる人を見かけても、「あそこに苦しんでいる人がいるが、あれは自己責任で、私が感じる必要はない苦しみだ」と思うようでした。ということは、「自己責任」という考え方を人の心に叩き込むことによって、まるで除草剤を撒くように、雑草のように生えてくる「親切」という行いを、根絶やしにすることができるはずでした。けれど、人は、長いあいだ、貧しい人や、死者や、動物たちの痛みを、いつも感じとって、親切をして、生きてきたのでした。その親切を失って、人がどうやって生きていくかは、「自己責任」という言葉をつくった手下たちにもわかりませんでした。けれど、とりあえず灰色の顔色をうかがって、灰色の考えを察して、灰色のしてほしいことをしていればいいや、と、この「言葉をつくる手下たち」は思うのでした。それにこの手下たちは、自分たちのつくった言葉で、人びとが右へ左へ動く様子を見るのが、何より楽しいのでした。」(小沢健二作「うさぎ!」第3話より)

 「自己責任」の反対は「親切」だけでなく、他にもまだたくさんあるはずだ。たとえば、

 (つづく) このつづくはゆっくりつづく。
[PR]
by illcommonz | 2015-01-25 22:30
<< ▼政治家たちよ、ばかなことをす... ▼官邸前抗議 >>