Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「アフターダークシアター」はじめます
d0017381_0284177.jpg  「闇、に、つ、い、て、」は、
  残念ながら、未遂に終わりましたが、
  創作劇「アフターダーク・シアター」は、
  この中止にさからって、このまま勝手に
  制作をつづけます。まだ発表の時期も、
  公演の場所も、なにひとつ決まってませんが、
  「表現よ一歩前へ、チャンスは後からついてこい」が
  イルコモンズの行動原則なので、かまわず、
  制作をつづけます。いつかはわかりませんが、
  いずれ、その上演が必要になってくる事態が
  やってきそうなので、このまま制作を続けます。

「アフターダーク・シアター」の第二幕後半では、以前、このブログで公開した
「新日本憲法第9条草案」のトランスナショナル・ポエトリーリーディングを行います。
これは以前「ユーガーデン」で上演した「前衛詩としての第9条」の続きにあたるもので、
第二幕でまずこれを再演した後、つづいてмячи !さんに翻訳していただいた
「日本憲法第9条草案」の英語版をもとに、Google の自動翻訳機能を使って、
イタリア語版、スペイン語版、フランス語版、ドイツ語版、ポルトガル語版の、
テキストを作成しましたので、これを Mikrosoft と IbM の自動朗読システムを使って、
トランスナショナルかつ、ポエトリカルに、マッシュアップ・リーディングします。

その他のテキストとスクリプトは、下記のとおりです。この現在進行形の
「アフターダーク・シアター」を共同制作したい方、音響や映像や朗読や批評で
参加されたい方は、イルコモンズまでご連絡ください。旧作「前衛としての第9条」を
まずご覧いただいた上で、どんな表現や手法、また媒体や場所での上演が可能で、
また効果的かをディスカッションすることからはじめたいと思います。

************************************
d0017381_0392096.jpg
イルコモンズ脚本
ジ・アフターダーク・シアター
Rebirth of A Nation?
Reverse of A Nation?
第二幕

************************************
[ポエトリーリーディング用テキスト1~6]
「新日本憲法第9条草案」(前衛詩としての第9条)
  日本に暮らすものは、何ぴとたりとも、
  国権の発動たる、国家による戦争を、
  まったく完全に、かつまた全面的に、
  わけても根本的に、とことん、
  これを放棄し、たとえ、
  誰が何と云おうとも、
  何が起きようとも、
  一切関知せず、
  国家による、
  あらゆる種類の、
  あらゆる形態の、
  あらゆるすべての、
  戦争という戦争の、
  その一切合切の、
  全部すべてを、
  端から端までひとつも残さず、
  上から下までひとつの特例も認めず、
  最初から最後までひとつの例外も許さず、
  絶対的かつ未来永劫的に、
  最後の最後の最後のそのまた、
  最後のひとつにいたるまで、
  無限に、
  廃棄し、棄却し、
  抹消し、消去し、
  破壊し、分解し、
  解体し、廃絶し、
  根絶して、
  自分でたたかう。
d0017381_18304430.jpg
 The Avant-Garde Article No.9. (engilish version)
  We, All people living in England,
  renounce belligence by the nation,
  as a sovereign right of the nation.
  Wholly!
  Absolutely!
  Radically!
  We are not
  privy to whatsoever,
  no matter what
  anyone tells us.
  We are,
  not to leave behind
  any kind of w-a-r (by nation).
  not to accept
  any variety of w-a-r (by group).
  not to allow
  any exception of w-a-r (by mass).
  Forever more.
  Right until
  the last moment,
  the last minute,
  the very end of
  the last molecule,
  We scrap,
  We dismiss,
  We scratch,
  We eliminate,
  We break up,
  We abolish,
  We eradicate the
  W-A-R.
  And
  Let us fight on our own life.
-------------------------------------
[アンテルナシオナル版]
 L'Articolo No.9 Di Avant-Garde. (versione italiana),
 L'Article No.9 D'Avant-Garde. (version francaise)
 El Arti'culo No.9 De Avant-Garde. (versio'n espan~ola)
 Der Artikel No.9 Avant-Garde. (deutsche version)
 O Artigo No.9 De Avant-Garde. (versao de Portugues)
--------------------------------------
[ポエトリーリーディング音源](試聴可)
イタリア語版 / ドイツ語版 / 英語版
--------------------------------------
[バックトラック] L・V・B作曲 「囚人の合唱」(歌劇「フィデリオ」より)

d0017381_1011180.jpg
[マニフェスト]
帝国はただひとつの
グローバルを想像するが、
前衛はいつでもどこでも
トランスナショナルな複数の
世界を想像することをやめない。
そして、どの国にも前衛がいる。


国家はポジとしてその旗をもつが、前衛はネガとしてその旗から
たくさんの他の旗をつくり、それらを縫いあわせる。
帝国は安泰と戦争を望むが、前衛は変化と対話を望み、
夜から朝にかけて働く(だからいつも忙しい)。
[PR]
by illcommonz | 2005-11-16 00:58
<< ▼横浜トリエンナーレ緊急アンケート ▼ 「闇、に、つ、い、て」 消... >>