人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼東京経済大学「身体表現ワークショップ 音で遊ぶ 楽器のジェンダー・ステレオタイプを超えて」
d0017381_1945195.jpg
 「19世紀において、女性の教育は、よき妻、よき母となるための実用的な教育に限られていました。もちろん女性が職業訓練を受けることもありえませんし、女性弁護士や女性の建築家も女性の実業家も考えられないことでした。そのような状況の中で、事実上、唯一、女性に門戸が開かれたのが、音楽教育、とくにピアノと声楽でした。女性が音楽学校で学ぶことを許された専攻は、ピアノと声楽だけで、管楽器や弦楽器、指揮、作曲の専攻は閉じられていました。ここにも女性に対するいわゆる性差別がありました。ピアノを演奏する女性は、家庭のなかの、いわばアクセサリーとしてみなされていました。愛らしい舞曲や話題のオペラのアリアの旋律による変奏曲、民謡編曲などは女性向きの音楽とみなされていました。19世紀は練習曲の時代とも言われますが、当時のピアノ雑誌には、練習曲の効能として、忍耐強く、言われた命令を素直に受け入れる精神の形成があげられていました。つまり、目上の人、父親、夫の命令を素直に受け入れる女性を教育するには、同じ課題を繰り返し忠実に反復練習させることが効果絶大とされたのです。」(西原稔「女子教育とピアノ」より抜粋)


▼ヴァレンティナ・イグナシア「ショパン作曲 前奏曲第15番 雨だれ」

 「日本において、音楽をおけいこごととしている小学生女子は、男子の6倍以上にのぼり、その中でもピアノを習っている女子が特に多い。音楽に関する職業に対しても、女らしい・男らしいといったジェンダー・ステレオタイプがあり、教育や機会、経験、向上心にまで性別による違いがある。このようなジェンダー・ステレオタイプの影響が、音楽の分野においてもみられることが予測される。そこで本研究では、器楽教育におけるジェンダーステレオタイプの影響を検討する。質問紙による調査の結果、ドラム、ギター、トランペットについては男子向きの楽器、ハープ、ピアノ、フルートについては女子向きの楽器というステレオタイプがみられた。男子は男子向きとジェンダーステレオタイプがある楽器を好み、女子は女子向きとステレオタイプのある楽器を好む傾向があった。さらに実際の指導において、生徒の性別により、指導をかえているか、かえているならば、それらはどのようなものなのかを検討した。教え方の具体的な違いについては、男子には、細かく言わない、大目にみる、 自由にさせる、などの方法がとられていた。 一方、女子には、細かく指導する、丁寧に指導するなどの方法が とられていた〟 指導する内容についても、 女子よりも男子に、音楽理論や楽器の構造といった認知的領域の説明が多く行われている傾向がみられた。これらーつーつの楽器や子どもの演奏・学課態度に対する認知の違いが、少なからず現在のい本の器楽教育や、 子どもの音楽的発達、 音楽活動の機会に影響をおよばしているものと考えられる。」(武知優子「器楽教育とジェンダー・ステレオタイプ」より抜粋)

-----------------------

 以上のことを考慮し、「身体表現ワークショップ 音で遊ぶ」では、年齢・性別の区別なく、さまざまな国や地域の、膜鳴楽器、金管楽器、木管楽器、打楽器、弦楽器、電子楽器を体験学習します。練習曲はありません。

d0017381_1162869.png
[関連]
▼「アフリカ、オーストラリア起源の民族楽器3種」
http://illcomm.exblog.jp/22315467/
▼「中東、西アジア、欧州のリード楽器3種」
(準備中)

d0017381_20181327.jpg
▼「楽器リテラシーチェックリスト」

【TOOT】
トランペット、ピッコロトランペット、ロータリートランペット、ビューグル、コルネット、フリューゲルホルン、トロンボーン、バストロンボーン、フレンチホルン、アルトホルン、バリトンホルン、チューバ、ユーフォニウム、ダブルベルユーフォニウム、メロフォン、スーザフォン、チンバッソ、ジャズホーン、ブブゼラ、シュードロフォーン、バソンリュス、セルバン、ビュサン、サリュソフォーン、シャルマイ、オフィクレイド

【WHISTLE】
バスーン、ファゴット、オーボエ、コーラングレ、ピッコロ、フルート、アルトフルート、バスフルート、ダブルコントラバスフルート、ティンホイッスル、ソプラノリコーダー、アルトリコーダー、バスリコーダー、グレートバスリコーダー、クラリネット、アルトクラリネット、バスクラリネット、コントラアルトクラリネット、コントラアルトクラリネット、コントラバスクラリネット、バセットホルン、ヘッケルフォン、サクソネット、クラロサックス、スライドサックス、コーノサックス、ソプラニーノサックス、ソプラノサックス、アルトサックス、Cメロディサックス、テナーサックス、バリトンサックス、バスサックス、コントラバスサックス、サブコントラバスサックス、バンブーサックス、篳篥、笙、尺八、バグパイプ、スルナイ、ミジューズ、タロガトー、パンパイプ、オカリナ、アコーディオン、オルガン、バンドネオン、ブルースハープ、カズー、メロディカ、ディジュリドゥ、ケーナ

【PLUNK】
バイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ガットギター、フォークギター、エレキギター、ウクレレ、バンジョー、ダルシマー、マンドリン、ハープ、シタール、チェンバロ、ピアノ、チター、胡琴、二胡、カーヌーン、サムピアノ、大正琴、馬頭琴、口琴、三味線、琵琶、ハルモニウム、タンブーラー、ハーディーガーディー、三線、プサルテリー、ストローバイオリン、ウード、バラライカ、チャランゴ、ラバ-ブ、ダンバウ、コラ、ドブロギター、カバキーニョ、

【BOOM】
スチールドラム、スネアドラム、ロートタム、フロアタム、バスドラム、スネアドラム、ティンバレス、パンデイロ、タンバリン、タンボリン、カイシャ、ヘコヘコ、トーキングドラム、ジャンベ、カホン、サブンバ、カウベル、コンガ、ボンゴ、タンタン、ティンパニ、スルド、ガンザ、マリンブラ、マリンバ、カスタネット、バタ、バラフォン、ダラブッカ、ショカーリョ、ハイハットシンバル、ライドシヘピニキ、シンバル、クラッシュシンバル、トライアングル、ハンドベル、チューブラーベル、火焔太鼓、和太鼓、締め太鼓、ビリンバウ、ちんどん太鼓、クラベス、ギロ、カシシ、ウォッシュボード、クイーカ、タブラ、マラカス、りん、アタバキ、

【BEEP】
テルミン、テルハーモニウム、オンド・マルトノ、ハモンド・オルガン、トラウトニウム、メロトロン、シンセサイザー、スタイロフォン、ウインドシンセ、サンプラー、リズムボックス、スピーク&スペル、カシオトーン、学研SX-150、コルグDS-10、コルグモノトロン、

-------------------
[参考]
「ツェルニーって、ピアノ学習者を音楽嫌いにさせるに十分なテキストですか?」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1471393709
by illcommonz | 2015-10-17 19:46
<< ▼中央大学「文化人類学B グロ... ▼中央大学「文化人類学B スウ... >>