Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼NOTRE MUSIQUE オリジナルサンプルトラック盤
ゴダールの映画「アワーミュージック」のオリジナルサウンドトラック盤というのは、たぶん、
23世紀頃までリリースされないと思うので、Amazon.com のサンプル音源をかき集めて、
オリジナルサンプルトラック盤をネット上に編集してみました(ほしいものは自分でつくるのが、
イルコモンズなので...)。表記は上から順に「演奏者名」「使用曲名」「収録アルバム名」に
なってます。映画の構成にならって「地獄篇」「煉獄篇」「天国篇」の三部構成にして、
おおよそ、映画のなかで使われた順番にならんでいます。アルバム名をクリックすると、
その先で視聴用のサンプル音源がきけます。おすすめは、ジョルジー・クルタークが弾く
バッハの「神の時こそ、いと良き時」と、ケティル・ビヨルンスタの「海」の第七番です。
前者は劇中の講義のバックで、後者は「天国篇」で使用されていた曲です。視聴用の
サンプル音源なので、それぞれ30秒程度の短いものですが、ゴダールが映画で
既成の楽曲を使用するときの平均使用タイムはおそらくそれよりずっと短いので、
これで十分だと思います。使用された楽曲の使用されなかった部分を聴くと、
ゴダールの楽曲のカットの仕方が実に絶妙だということがよくわかりますし、
同じアルバムの使用されなかった他の楽曲を聴くと、ゴダールの選曲が
これまた秀逸だということがよくわかります。また、こうしてジャケットを
並べてみると、デザインに一定の傾向性が見えて、これまた面白いです。
このオリジナルサンプルトラック盤は、ゴダールが映画で使用した楽曲の
使用されなかった他の部分や他の楽曲を試聴するというのがコンセプトなので、
「アザーミュージック・オブ・アワーミュージック」とタイトルをつけました。
このオリジナルサンプルトラック盤は、ギフト・エコノミーの精神にのっとり、
ゴダール映画の研究と批評を目的に編集したもので、その限りにおいて、
完全に「フェアユース」の範囲内にあるものなので、存分にご活用ください。
編集と表現の自由と、その可能性のために、もっとより多くの、より高い
サンプリング・レートの、より長いタイム・スケールの、サンプルを我らに()。 
(イルコモンズしるす)
.....................................................................................

d0017381_16292735.jpgイルコモンズ編
「アザーミュージック・オブ・アワーミュージック」
オリジナルサンプルトラック盤 (視聴用サンプル音源編集版)
...................................

[地獄篇]
Valentin Silvestrov
Sonata for Violoncello and Piano. [タイトル・クレジット]
Leggiero, Pesante.

Hans Otte
Buch Der Klange 8. [空爆、着弾、炎上、死体、廃墟]
Das Buch der Klange

[煉獄篇]
Allegretto from Symphony No.2 in D major. [路面電車]
Jean Sibelius Symphony No. 2.

Trygve Seim
Obecni Dum.
The Source and Different Cikadas.[歓迎会]

Vardapet Komitas + Tigran Mansurian
China Es.[大使館]
Hayren: Music of Komitas and Tigran Mansurian

Meredith Monk
Line 1. [廃墟の図書館]
Mercy

David Darling
In Motion. [オルガ]
Dark Wood

Gyorgy Kurtag
Gottes Zeit Ist Die Allerbeste Zeit.(J.S.Bach) [講義]
Jatekok: Marta and Gyorgy Kurtag.

Anouar Brahem
Aube Rouge a Grozny.
Astrakan Cafe

Ketil Bjornstad
Song For A Planet.[崩壊する橋]
The Sea II.

Anouar Brahem
Barzakh.
Barzakh.

Gyorgy Kurtag
Ligatura: Message to Frences-Marie. [隣に女性がいる]
(The answered unanswered question)
Musik fur Streichinstrumente

Valentin Silvestrov
Metamusik-Symphony For Piano And Orchestra. [街]
Metamusik, Postludium.

[天国篇]
Overture-Fantasy. [小川のせせらぎ]
Romeo and Juliet.

Ketil Bjornstad
The Sea VII. [弟が生まれたよ]
The Sea.

Arvo Part
Silouans Song.[林檎を分け合う]
Te Deum /Kaljuste, Estonian Philharmonic Chamber Choir

-------------------------------------------------
[追記] とはいえ、上記のほとんどのアルバムはECMレーベルのもので、
「ヌーヴェルヴァーグ」と「映画史」のサントラ盤リリースの前例もあるので、
マンフレート・アイヒャーとECMの英断に期待することにします。
なおECMについては、何といってもここが詳しいので、ご参照を。
by illcommonz | 2005-11-24 16:33
<< ▼発心一句 ▼イルコモンズの「アザーミュー... >>