人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼前衛詩としての憲法9条 ザ・ムービー
d0017381_3575465.jpgこの夏、東中野の「ユーガーデン」で上演した
「前衛詩としての憲法第9条」のムービー版が
できましたので、さっそく公開します、が.......
ごめんなさい、mpeg2 で439MBあります。
もともとこれはビジネスマンや大学研究者が
プレゼンテーションなんかに使うMicrosoftの
Power Point を酷使して、どれだけのことが
できるのか実験してみたもので、それを後から
DVで撮影して、mpeg に変換したものです。

そこまでは、なんとか自分でできたのですが、これまで動く映像をろくに扱ったことが
ない上に、アプリケーションも運動会や遠足のホームビデオを編集するような簡単な
ものなので、どうやれば、これをストリーミングできるくらいのサイズに圧縮できるのか、
全くちんぷんかんぷんでコマってしまいます。ということで、当面は439MBのものを、
アップしておきますので、高速ブロードバンド回線に繋がってる方のみDLしてください。
(ごめんなさい、そのうちナントカしますので)。なお「コモンズ」としての憲法にコピーライト
がないのと同様に、この「イルコモンズ」としての憲法詩にもコピーライトはありません。
もしあっても永久に放棄します。バックトラックはコピーライトのあるものを流用したので、
もしかすると権利の問題が派生するかもしれませんが、ただ、こういった方面のことには
理解のある音楽家(ビル・ラズウェルとマシュー・ハーバート)のものを使ってますので、
彼らのことを信頼して、このまま借用します。もしいつか連絡がとれれば、連絡します。

「前衛詩としての第9条(Article No.9 as Avant-Garde Lyric) ザ・ムービー」
(mpg2 439MB 9分12秒) 使用楽曲:"Turning Backward the Page of Articlez"
(Material "Downward"+The Matthew Herbert Big Band "Turning Pages")
*ポエトリーリーディングをボイスオーバーしたトラック(映像なし 12MB)はここで聴けます。

内容は見ていただければお分りの通り、米国政府が起草した憲法9条の英語原文を
Google の自動翻訳プログラムで日本語に自動翻訳したものからはじまって、次に、
第9条の日本語原文を英語に自動翻訳した後、それをもういっぺん、日本語に翻訳
したもの、そしてさらにそれを、フランス語、イタリア語、ドイツ語に自動翻訳した後に、
もういっぺんそれぞれを日本語に翻訳しなおして、前衛詩のように書き換えたものを
IBMのテキスト自動読みあげシステムで朗読し、それにバックトラックとグラフィック
イメージをつけたものです。これは憲法九条を改憲しようとする動きがあることをうけ、
それに先がけて、より前衛的でより実験的でより国際的な改訂(というより脱構築)
の試練にかけてみたもので、実験の結果、それがどんなにコワれた文章になっても、
それでもなお、この憲法9条が「戦争の放棄」を宣言しているものだということは読み
とれるということがわかりました。そもそも「戦争の放棄」というのは第九条のみならず、
現行の憲法全体の原理原則であって、この原理を損なうような改訂は改訂ではなく、
憲法の「破壊」であるというのを、前に読んだことがあります。誰かがそしらぬ顔で、
そういう致命的な破壊をしないように、先に破壊をデモンストレーションしてみたのが、
このポエトリーリーディングなのですが、第九条はなかなかダイハードでタフでした。

そして、このどちらかといえば「解体」(脱臼)の方に比重を置いた「脱構築」の後に、
それをもういっぺん「蘇生」(原点回帰)させる「脱構築」として制作したのが、この
ブログで公開した「新日本憲法第九条草案」です。なお、「前衛詩としての第九条」を
ポエトリーリーディングしたときのライヴ映像もあるので、いずれ時間があるときに、
それも編集してみるつもりです。その時はもう少し色んなエフェクトがかけられる
アプリケーションの使い方をおぼえて、サイズももっと小さいものにしますので、
今回はご勘弁を。またこれとは別に「ユーガーデン」というイベントのコンセプト
をマニフェスト化した「ユーガーデーン」という、同じく PowerPoint でつくった
ポエトリーリーディングもありますので、いずれこれも手分けしてムービー化します。
そうやってイルコモンズ工場の夜はふけてゆく....(求む、無給の温和な工作者)。
by illcommonz | 2005-11-30 04:04
<< ▼イルコモンズのお道具箱 ▼想像力よ、一歩前に、理屈は後... >>