人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼中央大学 文化/社会人類学「震災のフォークロア 現代の鯰絵「くまモン画」考」
d0017381_9193947.jpg
▼作者不詳「鯰絵」(1855年) (大鯰を懲らしめる民衆を描いた鯰絵)

【鯰絵】(なまずえ)
 「鯰絵は、江戸時代の日本で出版された、ナマズを題材に描かれた錦絵(多色刷りの浮世絵)の総称である。大鯰が地下で活動することによって地震が発生するという民間信仰に基づいており、1855年(安政2年)10月2日に起きた「安政の大地震」の後、江戸を中心に大量に出版された。当時の書籍や浮世絵は幕府の検閲を受けていたが、鯰絵はほぼすべてが無届けの不法出版であり、取締まり逃れのため、作者や画工の署名が無いものが多い。鯰絵には、多種多彩な構図が用いられた。大鯰を懲らしめる庶民の姿を描いた合戦図が特に知られる。これらは必ずしもオリジナルの画題・構図で描かれたわけではなく、地震以前に知られていた浮世絵や民画をパロディ化したもの、当時流行していた世俗の文化を取り入れたとみられるものが多数ある。地震の発生直後から出版が始められた鯰絵は、身を守る護符として、あるいは、不安を取り除くためのまじないとして庶民の間に急速に広まり、流行が収束するまでのおよそ2ヶ月の間に多数の作品が作られた。」(ウィキペディアより抜粋)

d0017381_9204921.jpg
▼作者不詳「要石で鯰をおさえこむ鹿島大明神」(1855年)
▼作者不詳「要石で鯰をおさえこむくまモン」(2016年)

d0017381_9211142.jpg
▼歌川豊国「ひゃうたん鯰/名画尽の内所作事」(1857年)
▼熊本県「くまモン」(2016年)

「くまモン」使用の許諾不要に…支援や募金活動
 「熊本県は19日、県のゆるキャラ「くまモン」のイラスト利用申請を、熊本地震被災地支援チャリティーイベントや募金活動に限って、許諾不要の届け出制にすると発表した。県くまもとブランド推進課によると、従来は申請から約3週間かけて審査していた。しかし地震発生以降、「支援するために、くまモンを使わせてほしい」との要望が18日だけで約10件寄せられたため、柔軟に対応することにした。同課所定の用紙とデザイン画をメールで提出することで使用を認める。後日、支援活動の内容を報告してもらう。使用料は、熊本のPRにつながれば国内企業は原則無料。」(毎日新聞2016年4月19日)

d0017381_215679.jpg
[トリックスター]
「鯰は、地震をひき起こすものとして版画に描かれるが、しかしそれと同時に、世界の更新者のみならず冨や幸運をもたらす者としても、つまり典型的なトリックスター形象として表現されている。」(コルネリウス・アウエハント「鯰絵 民族的想像力の世界」1964年)

d0017381_9212619.jpg
▼作者不詳「世直し鯰の情」 擬人化されたナマズが、被災者の救助を行っている。
▼作者不詳「世直しくまモンの情」 くまモンが被災地の復興を行っている。

[野生の思考]
 「鯰絵をとおして江戸の庶民たちが表現した土着的なリスク思考のなんと深く豊かであったことか。地震や火災で縁者を失ったものもあったろうし、焼け出されて着の身着のままの人びとも多かっただろう。そういう庶民が、ウィットに富むこれらの鯰絵を手にして、悲しみにうちひしがれながらも心には微笑をたたえているのである。鯰絵には自分たちを襲った災害の張本人である自然が、名指しで糾弾され批判されている。しかし、庶民はその張本人を恨むのでもなく敵意を持つのでもなく、災害をももたらす自然の本質を理解した上で、知性とユーモアをもって、乗り越えがたいほどの困難を乗り越えようとしているのだ。江戸の庶民には、人間が自然の一部分であることが、はっきりと自覚されていた。そこからぎすぎすしたところの少しもない、感傷性に溺れることもない、こうした知性豊かな表現が生まれたのである」(中沢新一「プレート上の神話的思考」2013年)

d0017381_21584558.jpg
[社会批評]
 鯰絵は、当時(安政期)の社会不安(ペリーの浦賀来航など)や経済格差(富裕な町民と貧しい庶民)を風刺し、世直しを訴えている。

「何とどうだ、こう揺すぶったら、ありったけ、出さずばなるまい。さあ、今までためたその金を、残らず、はきだしてしまえ。そうすると、多くの人が、喜こぶは」【富の再分配】

「神のお留守をつけ込んで、のらくら鯰がふざけだし、後の始末を改めて、世直し、世直し、建て直し」【社会改革】
by illcommonz | 2016-04-25 09:26
<< ▼大妻女子大学 映像・演劇の世... ▼法政大学 多文化社会論「災害... >>