Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「いい子になるな、話せば分かってもらえる、そのことをおぼえておいてくれ」(バンクシー)

▼「学校の校庭でバンクシーの壁画が見つかる」(BBC 2016年6月7日)

「ブリストルの小学校の壁に、バンクシーの絵が出現」
 「Mysterious artist Banksy has reared his head again, this time painting a surprise mural on a wall of a primary school based in Bristol. A spokesperson has confirmed to The Independent that the artwork is a genuine gift from the artist to Bridge Farm Primary in response to one of the students naming a school house after him. Teachers and students were met with the surprise upon returning to the building after the half-term break. Speaking about the artwork, headteacher Geoff Mason described the piece as "inspirational and aspirational". He revealed he has no plans to sell the piece and plans to keep it in good condition. The artist left a letter explaining his decision to pay the Bristol location a visit. "If you don't like it, feel free to add stuff," he writes in the note before adding: "It's always easier to get forgiveness than permission." Before this, Banksy's last piece arrived in December 2015 when he created seven murals in the vicinity of Cannes, France」(2016年6月7日 インディペンデント)

[関連]
「Banksy paints Bridge Farm Primary Bristol wall as "present"」
(BBC 2016年6月6日)

d0017381_1258961.jpg
「男前バンクシーが、今度は小学校にプレゼント!」
 「一昨日(6月6日)、バンクシーが自分の地元である英ブリストルの小学校に新作ボムを描き話題になっている。このブリッジファーム小学校では数週間前、4つの校舎の名前を生徒たちに募集し、そのうちの1つがBanksyに決まった。この案を出して採用された小学生は、そのことを書いた手紙をバンクシーに送っていた。中間休暇(学期の中間にある1週間の休み)が明けた6月6日の朝、登校してきた教師らが発見し、絵とともに以下のようなバンクシー直筆の手紙も見つかった。

d0017381_12583463.jpg
ブリッジファーム小学校さま
手紙をどうもありがとう。そして僕の名前を校舎に付けてくれてありがとう。絵を受け取ってください。気に入らなかったら、上から描き足してください。先生は怒らないはずです。許してもらうのは、許可を取るより簡単だということを、覚えておいてください。愛をこめて、バンクシーより。

 バンクシーの作品は高額で取引されているが、校長先生によるとこの絵は学校で大切に保管していくという。現在、この絵はバンクシーの公式サイトにも新作としてアップされている。なお、この燃えるタイヤを転がす女の子の絵の意味については、バンクシー側の説明はなく不明である。」(WebDICE 2016年6月8日)

d0017381_12591377.jpg

▼「校舎を「Banksy」と命名した小学校に、Banksy本人がグラフィティをプレゼント
 「イギリスはブリストルにあるBridge Farm Primary小学校に、非常にレアで嬉しいプレゼントがありました。今や世界的人気アーティストとなったグラフィティアーティストのBanksyが、校舎の壁に「落書き」したのです。そのへんの落書きと一緒にしてもらったら困ります。Banksyの作品は、アートとして高い値がついており、いつ、どこに描かれるかわからないだけに非常にレア。グラフィティが描かれた壁が後生大事に抜き出され、保存されることも。Bridge Farm Primary小学校は、最近、校舎4棟にそれぞれブリストルと関係のある人物の名前をつけており、うち1つを「Banksy」と名付けていました。今回のグラフィティはそのお礼というわけ。Banksyには珍しく、グラフィティ横にはサインがはいっているだけでなく、生徒達へのお手紙も。
 生徒へ贈られたBanksyらしいメッセージ。
「覚えておいて、許可を得るより許しを請うほうが簡単だってことを」
 どこの誰だか正体が明らかにされていなBanksyですが、粋なはからいですね。」
(ギズモード 2016年6月8日)

-----------------------------
[追記]
「この燃えるタイヤを転がす女の子の絵の意味についてはバンクシー側の説明はなく不明である」(Web DICE) 

 わざわざ説明しなくても、この「燃えるタイヤ」の意味は明らか。これは「インティファーダ」、つまり、子どもたちに「蜂起せよ」と呼びかけてる。たぶん、そのことは、教師も父兄も、そして、生徒たちも、ちゃんとわかってる。それでも、「不謹慎だ」とか、「不適切だ」とかいわないところが、ブリストルらしい。バンクシーが生まれ育ったのは、そういうブリストル。バンクシーのグラフィティを生んだのは、そういうブリストル。

d0017381_1345241.jpg
[PR]
by illcommonz | 2016-06-10 13:01
<< ▼リー・ペリー「なぜ火事が起き... ▼今日のアクセス数 >>