人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼自分が何をしてるのか分かろうとしてはいけない
▼自分が何をしてるのか分かろうとしてはいけない_d0017381_02046.jpgすっかり後まわしになってしまいましたが、
こないだの週末、千葉県佐倉市にある
川村記念美術館で、リヒターの回顧展
「ゲルハルト・リヒター/絵画の彼方へ」
をみてきました。前にも書きましたが、
4年前にここでリヒターの「ATLAS」展を
見た時は、とにかくはじめからおわりまで
監視の方にぴったりマークされ、「あまり
絵に近づきすぎないでくださいね」とたく
さん注意されたので、そのことを懐かしく
回顧しつつ、今回はなるべく注意されない
よう注意しよう、と思い定めながら、同館の
送迎バス「山ゆり号」に乗って会場に向かい
ました。

まずはじめに結果から云うと、今回はあらかじめ先手をうって、みずから進んで
ガイドツアーに自決参加したので、結局、一度しか注意をうけずにすみました。
しかも、今回の回顧展では、作品の前の床に、キャプションボードを兼ねたブロック
ラインが設置されていたので、これがきいたようです。もっとも最初にこれを見た時は、
「うぁ、もしや、これは、4年前のあのことがきっかけで……」とも思いましたが、まぁ、
たぶんそんなことはないと思います、たぶんね、たぶん。いちおう弁解しておくと、
リヒターの絵を近くで見ようするのは、ディテールを見たいからというのもありますが、
それ以上にリヒターが「ズレ」や「ボカシ」あるいは「ひっかき傷」や「反射」によって
感知させようとしている写像面の物質性を肉眼で触知したいからで、接近して見ると、
絵画や写真のモノ性がより実感できるからです。もっとも今回は、前回の経験から、
そうするには絵を正面からでなく斜めから見ればよいということが分かってたので、
むやみに近寄って見ることもなかったのですが、それでも今回はじめて現物を見た
「11枚のガラス板」だけは、ついつい近づいて見てしまって、注意されてしまいました。

この大ガラスの作品は、そこに映りこんでくる空間や人の像を、リヒターの絵の
それのように、リアルタイムでブレさせて見せてくれるもので、このおもしろさは、
たとえていうなら、エレキギターのエフェクターにある「リバーブ(残響音の増幅)」
や「エコー(反響音の増幅)」のようなものです。なのでそれ自体は、別に深遠でも
なければ神秘的でななく、例えば「こだま」や「やまびこ」のようなかたちで自然界
の中でも常に起きてるプライマルな物理現象なのですが、なぜかそれが妙におも
しろく、そしてなによりも「リヒターが見たいのはつまりこれなのだな」ということが
了解できて、そこに生まれる共感や共鳴が、この作品を魅力的なものに感じさせ
てのだろうなと思いました。

作品そのものは、本当に11枚のガラスが等間隔に並んでいるだけなのですが、
でもそこには、リヒターが試行錯誤と実験の末にたどりついた微妙な調整がされて
いて、そのリヒターが探りあてた周波数に自分の意識を同調させるチューニングの
おもしろさもあります。それは短波ラジオで海外のラジオ局の微弱な電波をキャッチ
するときのおもしろさに似ています。また、そのガラスを正面からでなく斜め横から見ると、
写像を変容させるガスがそこに充満してように見え、それはそれでまた美しいもので、
ちょうどオラファー・エリアソンのインスタレーションのように、見えないはずのものが
そこにたちのぼっているような感じがします。

というわけで、展示もよかったのですが、実は今回一番強く印象に残ったのは、
展示のいちばん終わりに置かれていたリヒターへのインタヴューのビデオでした。
リヒターはたしかこんな風に話してた思います。メモをとることができなかったので、
うろ覚えで、あやしいところもありますが、たしかこんな風だったと思います。

▼自分が何をしてるのか分かろうとしてはいけない_d0017381_222278.jpgわたしは自分が、
いったい何を描こうとしてるのか
分かりませんし、そもそも作家は、
自分が何をしてるのかを分かろう
としてはいけないのです。
広告や宣伝をつくる人はそれが何か
わかってないといけないでしょうが、
アートはそうではないのです。
世の中にはそのわからないものを
ことばにするのが上手な人たちがいるので、
その人たちにまかせておけばよいのです。

作家が自分の作品についてたずねられたときに「わからない」と答えるという話は、
よくある話ですが、そこからさらに一歩進んで「わかってはいけない」というのは、
あまり聞いたことがなかったので、なるほど、と思いました。たしかに広告や宣伝は、
それが受け手に与える効果を予測しながらつくるもので、そこには常に計算が
はたらいている。無論そこから意外なものや思わぬものが生まれてくることがある
にしても、それはあくまで常識の裏をかいたものや人の意表をついたトリッキーな
ものでしかない。それに対して、リヒターがやろうとしているのは、何が起きるのか
わからないし、また何が起きているのかすらわからないような、まったく計算できない
ものをつくりだす実験なので、そう考えると、たしかに自分が何をしているのかが
分かってはいけないし、また分かってしまっていては実験にならないわけです。
このリヒターの「実験」というものに対する原理主義的な考え方は、ゴダールの
映画づくりにおける考えに通じるところがあり、例えば、次のリヒターのことばの
「絵画」を「映画」におきかえると、それはまるでゴダールが語ったことばのように
きこえます。

▼自分が何をしてるのか分かろうとしてはいけない_d0017381_224630.jpg「絵画に何ができるかをためすこと。
自分は、今日、何を、どんなふうに
描けるのか。いいかえれば、いま、
何が起こっているのかについて、
自分自身のために、ひとつの
イメージをつくろうとしつづける
ことです」

そういう、何が起きるかわからない実験には失敗がつきもので、今回の回顧展でも、
どうみてもこれは失敗した作品じゃないのかと思える作品がひとつあって、リヒターは
これを実験に失敗したものとしてここにわざと展示しているのではないかと、つい
そんなことまで考えながら、展示をみてきました。どの作品が失敗作かは、ぜひ
美術館まで足をはこんで、ご自分でさがしてみてください。

-------------------------------------------------------
[追記] リヒターのことばを書きとっていたら、批評というものについても思うところが
あったので、ついでにそれも書き足しておきます。おおざっぱにいうとそれは、批評も
また実験となり得るということで、とりわけリヒターやゴダールのような実験作家たちの
作品について何かを書く場合、おのずと批評もまた実験的とならざるを得ず、それは
自分が何をやっているのか分からない作家と共にことばを失うところからはじまって、
その失くしたことばをとりもどすまでの試練が批評ではないかとそう思ったわけです。
実際のところ、この文にしても、まるで空に浮かぶ雲のように全くつかみどころのない
リヒターの作品を前に、はたして何が書けるか分からないまま書きはじめ、自分がいま
何を書いているのか分からないまま書いているようところがあるので、そう思いました。
by illcommonz | 2005-12-16 02:07
<< 「文化人類学解放講座」最終講義... ▼印度はCMYKでできてるんじ... >>