人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼もし死んで生まれ変わるとしたら
d0017381_2017864.jpg
ニンゲンになるのは、一回ぐらいパスして、一度、こういうモノに化けて、
生きてみたいものです。これは以前どこかのサイトで偶然見つけたもので、
ドイツのボン市に実在する「文化的コモンズの驚くべきかたち」という
キャプションつきで紹介されていた物件です。電車の駅なんかにも
これと似たものがありますが、これは文字通りの青空文庫、天下御免
のオープン&フリー・ライブラリーですね。こういう格好をしたものが
そのへんの公園にずらーっと並んでたら、さぞかし愉快でしょうね。
それを想像するだけで気分が晴れやかになる、よくできたイマジナリー
アーキテクチャーであり、ソーシャルなコンセプチュアル・アートだと
思います。ローテクだけど、建てつけがよく、丈夫そうなのがまたよくて、
知恵の樹みたいでいいですね。建築家のルイス・カーンによれば、
学校の「原風景」というのは「樹の下」であるらしく、何か事情があって、
ある知識が必要になったとき、ひとは大きな樹の下にいって、そこに
いつもいる人たちから、その知識を分けてもらっていたそうです。
そういえば、ベルトルッチの『水の寓話』という映画でも、老いた師が
若い弟子が戻ってくるのを何十年も待っていたのは木の下でした。
(この映画、戦後のイタリア・ネオ・リアリズムのスピリットが突然、
インドに舞い降りたかのような素晴らしい映画ですから、ぜひどうぞ)

東京都の知事さんも、こういうものを考えて実際につくってしまう人こそを
「ヘブン・アーティスト」と呼んで、そのパトロンになるべきだと思いますね。
もしいま東京の公園にこういうものをつくったたしたら、即刻、撤去される
でしょうね。知識や情報を無償で自由に交換し合う、こういうパブリックな
インスタレーションこそ本当のパブリックアートじゃないのかと思うんです
けどね。たとえ、実用できなくても、ギフト・エコノミーのモニュメントや、
未来社会のモノリスのようなものとして、これはすごくよいと思います。
もし死んで生まれかわったら、こういうモノのイルなヴァージョンになって
みたいものです(というか、自分でつくればいいのか)。兎も角まちがっても、
「白いポスト」にだけは生まれ変わらないようにしよう。
by illcommonz | 2006-01-15 20:07
<< ▼応答する江戸マルチチュード ▼「ナコイカッツィ」と体験学習... >>