Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼100人の子どもたちがそれの到着を待っている
d0017381_1450898.jpg





「10ミニッツ・オールダー」
1978年 ソビエト映画
監督:ヘルツ・フランク
モノクロ 10分
この作品は、人形劇を見つめる子どもたちの表情や仕種を、陰影に
富んだモノクロ映像でとらえた10分間のドキュメント・フィルムです。
暗闇の中にうかびあがる子どもたちの顔に、現れては消える様々な
表情は、見えない舞台の上で演じられているドラマよりずっと劇的で、
感動的ですらあります。

d0017381_14483824.jpg
こわがる、なきだす、たじろぐ、おびえる、おかしくなる、なきやむ、
おちつく、よろこぶ、わらう、ほほえむ、はなくそをほじくる...

映画は世界を変えることはできない。芸術は現実に対して無力である。
たしかにそのとおりでしょう。でも、しかし、たとえそれが本当だとしても、
この作品に写しだされるこどもたちの表情をじっとみていると、それでも、
映画や芸術にはこれだけのことができるのだと驚かずにいられません。
子どもの顔は世界とその現実を映す鏡だといいます。もし世界と現実を
変えることができないのならば、それを映す鏡の方を変えてやればよい。
それが映画や芸術にできることであり、そうすることで、こわばった世界と
現実の方もほんの少しくらいは変わり始めるかもしれないと、そんな風に
ものの見方や考え方を変えさせてくれるドキュメント映画で、後に世界の
15人の映画作家を動かし、映画「10ミニッツオールダー」をつくらせる
きっかけになった作品でもあります。映画「100人の子どもたちが列車
の到着を待っている」と同様、はじめて映画を見たときの驚きや感動、
そしてそれが与えてくれるしあわせやよろこびを思い出させてくれる
良質のドキュメントです。
------------------------------------------------------
[追記]この作品は一昨年、アテネ・フランセの「ドキュメンタリー・
ドリームショー山形 in 東京2004」で上映され、現在は「10ミニッツ・
オールダー・コレクターズ・スペシャル」の特典DVDで見ることが
できます。
[PR]
by illcommonz | 2006-02-02 14:55
<< ▼インディアンサマー ▼逐電する群像 >>