Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼バロック・キャピタリスムの根源
「略称・去年トリエンナーレで」展(横浜赤煉瓦倉庫)より

d0017381_5251032.jpg

(#画像をクリックすると)

彼は顔を過去に向けている。我々であれば事件の連鎖を眺めるところに、彼はただ
破局のみを見る。その破局は、休みなく廃墟の上に廃墟を積み重ねて、それを彼の
鼻先へと突きつけてくるのだ。たぶん彼はそこに滞留して、死者たちを目覚めさせ、
破壊されたものを寄せ集めて組み立てていたのだろうが、しかし楽園から吹いてくる
強風が彼の翼にはらまれるばかりか、その風の勢いが激しいので、彼はもう翼を閉
じることができない。強風は天使を、彼が背中を向けている未来の方へ、不可抗的に
運んでいく。その一方では、彼の眼前の廃墟の山が、天に届くばかりに高くなる。
我々が進歩と呼ぶものはこの強風なのだ(ヴァルター・ベンヤミン)

彼女は顔を過去に晒している。我々であれば開発の成功を眺めるところに、彼女は
ただ廃棄のみを見る。その廃棄は、休みなく廃墟の上に廃墟を積み重ね、彼女は
そのうえに嘔吐するのだ。たぶん彼女はそこで喪に服して、死者たちを目覚めさせ、
遺棄されたものを寄せ集めて組み立てていたのだろうが、しかし楽園から吹いてくる
強風が彼女の髪をみだすばかりか、その風の勢いが激しいので、彼女はもう記憶
することができない。強風は天使を、彼女が尻を向けている未来の方へ、不可抗的に
運んでいく。その一方では、彼女の眼前の廃墟の山が、天に届くばかりに高くなる。
我々が進歩と呼ぶものはこの強風なのだ(イルコモンズ)
[PR]
by illcommonz | 2006-02-14 05:27
<< ▼廃品の収蔵庫 ▼姿は見えねど「棄てよ、買い替... >>