Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼孤児院の園長
d0017381_217748.jpg
「中古品販売事業者の方やAVマニアの方が困っていらっしゃるのは
承知している。しかし製品が法律の対象となっている限り、ご理解
いただくしかない」(経産省)

いま、世間が固唾の飲んで見まもっている、4月1日以後の電化製品の行く末
ですが、都内屈指の電子楽器取り扱い店、FIVE-G では「デンアンホー」施行
以後も、同法を遵守するかたちで電子楽器と周辺機材の売買を続けるようです。

d0017381_21124819.gifFIVE-G 
Music Technology
http://www.fiveg.net/

ただし、PSEマークのない旧機種に関しては、いわゆる「ヴィンテージモノ」と
される一部の名品・逸品に限ってのみ買取+下取りするのだそうです。

たとえば、いまウチにあるものでいえば、写真左にある Roland SH-2000
(ローランドの一号機)とRoland SH-3Aがギリギリそれに該当するくらいで、
同じローランドでも、写真右上にあるRoland TR-66 とか Roland CSQ-100は、
おそらく買取対象外で、さらに写真右下にある日本コロンビア製のリズムボックス
とかヤマハのミキサーテーブルは確実に対象外でしょう。そしてここにあげたのは
ウチにあるモノの中ではほとんど例外的にヴィンテージ的価値があるもので、
それ以外の2トンは、昨日のブログの写真にあるようなチープなモノばかりです。

d0017381_225513.jpg
でも、ま・だ・ち・ゃ・ん・と・使・え・る・のに、「危険電気用品」の偏見をおしつけられ、
誰もひきとり手のない「市場の孤児」にさせられてしまったモノたちを、これから
どうやって養ってゆこうかと、まるで、孤児院の園長になったような気分です。

-------------------------------------------------------
[追記] こまったときは鼻歌をうたうに限る。
「そうだ、うちの孤児院のテーマソングは、これにしよう!」と、
そのとき園長は、そう思ったといいます。

d0017381_21271040.jpgぼくは 運べない 交換できない 
売り物にも 何にもならない ものが好き
ポケットにも いれられない 
戦争になっても 持ってにげられない ものが好き
何の価値もない もの こと 好き

「マニアの受難」(詩:鈴木慶一)
[PR]
by illcommonz | 2006-02-16 19:02
<< ▼小間物仕事 ▼公共広告展示 >>