Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼非情な世界ゆえに
d0017381_4595676.jpg
「あゝ、人心(じんしん)の荒廃、ここに極まれリ、
いよいよ世も末だ、末法の世界だ...」と思わざる
得ないような非情な事件ばかりがやたらと続き、
「こんなんじゃ、いつなんどき、天罰が下って、
天変地異が起きても、おかしくないな...」と思って、
意外に迷信ぶかいところのあるイルコモンズは、
「非常持出袋」なるものをこしらえました。

最初はマニュアルどおりに、軍手、ガムテープ、
ウェットティッシュ、ろうそく、ラジオ、携帯充電器、
ミネラルウォーター、救急用具、フラッシュライト....といった具合に、ライフラインを
確保するために必要最小限度のモノだけを、ストイックにパッキングしてたのですが、
そのうち「何だかコレはちがうな、人はライフラインのみにて生きるに非ずだ」という
気がしてきたので、チョコレートとタバコを1箱づついれることにしました。それから、
日頃の自分の習性を考えると、非常なる時にはたぶん何か書きたくなるはずなので、
ボールペンとノートもいれました。それと、いろんなものがいっぺんに失われてしま
った時は、その空白を埋めるための音楽が必要になるので、ハモニカもいれました。
戦後の焼け野原のことをイメージしていたら、花森安治の文章を思い出したので、
「暮しの手帖」特製の「ふきん」もいれることにしました。あと、こどもには甘いものと
やわらかいものが必要なので、黒糖入りのはちみつとクマのぬいぐるみもいれました。
「非常持出袋」のおなかが、ぷっくり出てるのは、そのせいです。
----------------------------------------------
[追記] このあとも、さらにいろんなものをつめたら、袋にはいりきれなくなって、
こうなってしまいました→非常持ち出しぶくろ
[PR]
by illcommonz | 2006-02-18 06:48
<< ▼ラン! ダダカン! ラン! ▼デンアンホー以後の電気安全保... >>