Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「彼の独身者性によって裸にされた国民、ならばこそ」
d0017381_135357.jpgもう2週間くらい前の話になりますが、いつものように
NHKラジオの国会中継を聞きながら仕事をしていたら、
代表質問に立った野党の議員が、たしかこんなふうな
ことをいってました。

「えぇ、一般的に申しまして、一国の総理の
ふるまいや行動というものは、好かれ悪しかれ、
国民になにがしかの影響をあたえるものです。
そのうえで、いささか失敬なことを申しあげますが、
総理。総理をみておりますと、いわゆる一家団欒の
しあわせや家庭生活のよろこびのようなものをあまり
感じることができないのです....」(以下省略)。

こういうのはプライバシーにかかわる話なので、話はそこで終わったのですが、
これを聞いて、「ぁ、なるほど、いわれてみれば、たしかにそのとおりだな」と
思いました。構造改革にしろ民営化にしろ何にしろ、「いまやりたい、すぐやりたい、
自分がやりたい、そしてあとのことは知らない、自分は関係ない」というのは、
いかにも独身者的な欲望で、よくいわれるような「独裁政治」というよりむしろ
「独身政治」だなと思い、あのなんでもかんでもばっさばっさと切り捨ててゆく
「人情のなさ」や「親心のなさ」にもそれでようやく合点がゆきました。そして、
「国民の範となり、鏡となるべき一国の総理がそんなふうじゃ、それをみてる
国民だって....」と思い、次の総理が誰になるにせよ、独身者の総理だけは
もうこりごりだなと思いました。そうじゃないと、ますます非情な社会になりそうで、
こわいですから。ちなみにイルコモンズが暮らしてたアフリカの社会では、
「独身者」というのは、半ば冗談、半ば本気で、「ひとでなし」や「けもの」
のようなものだと考えられてました。

----------------------------------------------------------
[追記] 上の画像は、マルセル・デュシャン作「彼女の独身者たちによって裸に
された花嫁、さえも...」(別名「大ガラス」)の、贋作・永田町ヴァージョンです。
プライバシーに配慮し、ガラスに映りこんだ人物の両目はふせてあります。
[PR]
by illcommonz | 2006-02-18 14:24
<< ▼テクノの花嫁ダンス ▼ラン! ダダカン! ラン! >>