Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼映画の原理とは…
d0017381_0265270.jpg光にむかい、その光で、
わたしたちの闇を照らすこと。
わたしたちの音楽
(ジャン=リュック・ゴダール)

おそらく世界のどの国の憲法にも
法律にも書かれてはいないけれど、
この世界にはやってはいけないこと
があります。そのひとつは映画館で、
映画が終わったあとに、その映画
について、誰かがあれこれ話すこと、
これは何人(なんぴと)たりと云えども、やってはいけないことだと思います…という
語り出しからはじまった昨晩のゴダールのレイト・トークショーでしたが、とはいっても、
ゴダール映画の最大の魅力はそれが孕むスリリングな"矛盾"にこそあるので、
今回のトークでは、このタブーを自ら犯し、映画の上映後に映画についてトークを
おこなうという、自らの信じるところとは"矛盾"したことをやってみたのですが、
さすがに「映画の神様」はだまっていませんでした。きっちり天罰がくだりました。

d0017381_0352711.jpgというのも、今回のトークでは、
映画「アワーミュージック」の
講義のなかでゴダールが使って
いたようなスチル・パネルを
約60枚ほど用意し、譜面台を改造
した「電灯つき紙芝居」のような
インスタレーションをこしらえ、
途中からそのパネルをPCとプロ
ジェクターで映写する予定で、
そのためのサウンドトラックまで
準備していたのですが、スタンバイ
させておいたPCのレジューム機能
が本番前に停止し、肝心の場面で
PCが起動しなくなったため、結局、
最後まで「電灯つき紙芝居」だけで
トークをするという結果になりました。
おかげで、これでまた一段とPCが
嫌いになりました。
不幸中の幸いだったのは、配給会社のプレノンアッシュの現場担当の方が
「いうことをきかなくなったPC」の扱いに慣れていて、最後のポエトリーリー
ディングの時には、どうにか音声とムービーが再生できるように応急処置を
してくださったことで、もしそうでなかったら、本当に泣きべそをかいて帰る
ところでした。同じく、この場を借りて、お礼を申しあげます。どうもありがとう
ございました。
もっともトラブルはそれだけでなく、マイクがハウリングを起こしたり、ポエトリー
リーディングの最中にマイクがオフになったりと、次々とトラブルが続出し、
本当に生きた心地のしない30分間でしたが、それでも冷静に最後まで
ポエトリーリーディングをやりとげてくれたさかいさんにも感謝します。どうも
ありがとうございました。

d0017381_0341283.jpg結果として「電灯つき紙芝居」と
生声でのポエトリーリーディング
ということなりましたが、後から
ふりかえって考えてみると、
かえってその方がよかったような
気もします。たしかに、みえにくい、
きこえにくいという問題はあります
が、映画館で映画を見終わった
後のものとしては、むしろそのくらい
のものの方がかえってよかったの
かもしれません。ともあれ、今回の
トークを通じて、映画館で映画が
終わった後に何かをやることの
難しさを、つくづく再確認しました。

思わぬアクシデントとトラブルが
あったせいで、本番中に大事な
講演メモまでなくしてしまい、肝心のトークもずいぶんと早口になり、ところ
どころ話の筋の通らないところもあったかと思います。それについては後日
「アワーミュージック」の公式サイトに当日の講演録がアップされる予定に
なってますので、みえにくかったスチルとあわせて、そちらの方でフォロー
したいと考えています。

結論として、やはりやってはいけないことは、やるものではない、とそう思い
ました。ちなみに、映画館のなかで映画のことをあれこれ語ってはいけない、
というふうに考えるようになったのは、いまから20年くらい前、福岡のある
小さな劇場で遭遇したある事件がきっかになっていて、これについては後日、
またブログに書くことにします。とりあえず、ご報告まで。
[PR]
by illcommonz | 2006-03-28 00:31
<< ▼【緊急続報】イルコモンズ・ア... ▼付喪神さまも >>