Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼経済産業省がビンテージを認定するというのは、
d0017381_2313952.jpg
つまり、こういうことですね。絵にして見てみると、かなり気味が悪いですね。
せっかくのヴィンテージのオーラもだいなしです。それはさておき、リストですが、
この世に「完璧な地図というものは存在しない」のと同様、「あらゆるリストは、
つねに不完全である」ので、アレがないコレがないと、いちいち不備をあげて
いってもキリがない、ということは百も承知ですが、今回公表されたリストを
みると、やはり黙ってはいられないので、書くことにします。

まず、以前ここに書いた予想がほぼ的中でした。やはりイルコモンズ愛用の
リズムボックスTR-66は、この「いわゆるビンテージ」リストからハズレてました。

d0017381_23135374.jpg
もっとも、こんな型番だけの無味乾燥なリストでは、なにがなにやらさっぱり
分からず、おそらく何のイメージもわかないと思いますので (だから、リスト
というものが生理的に嫌いです。それは個々の存在についての想像力を
うばいとる)、そこで、ためしにこれも画像をつけてみることにします。
d0017381_23124857.jpg

















この認定リストは随時
追加されるそうですから、
ことによると、TR-66も
いずれ認定されること
になるかもしれませんが
(認定されなくて結構)、
←このへんのものは、
たぶんムリでしょうね。


でも、これらだって「生産が終了してほかに代わるものがなく、希少価値が高い
もの」で、しかも、ちゃんと「旧法(電気用品取締法)の表示があるもの」なので、
わざわざ「いわゆるビンテージ」と国に認定されるまでもなく、当然ヴィンテージ
なわけです。そこにこんな「公認リスト」がつくられてしまうと、それによって逆に、
非公認の見えない烙印をおされることになるわけで、今回の「国家公認リスト」は、
一部の「高級ビンテージ愛好家」にとっては都合がよくても、それ以外の「ジャンク
愛好家」にとってはかえって迷惑なしろもので、たぶん今回のこの「公認」によって、
中古市場での取引価格もあがるでしょうね。というわけなので、なんというか、この
リストは、その、いわゆる、ビ、ビリ ビリ ビリ、ポィ、です。
[PR]
by illcommonz | 2006-03-30 23:44
<< ▼「いわゆるビンテージ・リスト... ▼K3ショーのリスト >>