人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼サイバーなのか、カルトなのか、ネオリベなのか、
d0017381_7551285.jpgオークションに自分の「魂」出品!?

中国では先祖をまつり、供養を行う伝統行事「清明祭」が
行われたが、そんな中、ある男性が中国ネットオークション
大手の「淘宝網(Taobao)」のサイトに自分の魂を出品、
話題を集めた。オークション運営者の判断により先月31日に
掲載削除となったが、淘宝網を傘下に持つ、米ヤフー出資の
アリババ・ドット・コム社の広報担当者は、淘宝網では魂の
販売に対して否定的なわけではなく、『商品』の提供ができ
るか否かが問題となったとし、掲載削除の理由を「淘宝網の
運営方針を再検討した結果、魂の販売に対する特定の規定
がなかったため」と発表した。(ロイター通信 06年4月5日)

*画像とBGMはイルコモンズの勝手なイメージです。
----------------------------------------------------
[追記1] いくら自分のモノとは云え、カラダは売っても魂は売らぬのが、人の道だったはず、
が、時代はかわった、中国はかわった、なにがそうさせたのか? ある意味、これは、
「魂のネオリベラリズム」かも。そりゃ、何をしようと人の勝手/自由だろうが、他人事ながら、
気になるのは、このオークションが「ノークレーム・ノーリターン」だったのかどうか、そこは
大事。なにせ「商魂」という魂がはいってるだけに、どんな災いやたたりをひきおおすか、
わかったものではないし、お彼岸やお盆に勝手にリターンしてきたら、どうする・アイフル?

[追記2] グローバルマーケットの商品経済に自分の魂をうりわたしてしまう、この新たな
帝国の時代の「魂のネオリベラリズム」に対抗するには、「野生のコモンセンス」としての、
「アニミズム」のセンスやソウルやスピリットを復活させた方がいいのかも。。。とも思った。

そもそも魂というものが実在するのかどうかは謎だけど、それはまた別の話で、もし、
そんなものがあるとすれば、それはやはり、「NOT FOR SALE」にしておくべきもので、
同じく、神や仏というものが実在するのかどうかも謎だけど、それもまた別の話で、もし、
そんなものがいるとしたら、たぶん魂というのは、そちらの方面からの「GIFT」だろうから、
そんなプレゼントや贈りものを、右から左にお金にかえたら、さすがにそれはマズイだろう、
そのうちアレがアレするぞと、ニュータイプの野蛮人でギフト・エコノミック・アニマルズの
イルコモンズは、そう思うのですが、いかがでしょうか?>二十一世紀の文明人さま

                                 イルコモンズの一口メモ:ばちがあたるぞ。
by illcommonz | 2006-04-12 08:10
<< ▼プリッキー・パラダイム・プレス ▼重力の魔 >>