Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼世界の終わりとガールフレンド・ワンダーランド
d0017381_5124564.jpg昔むかし、あるところに、PFMとマジカル・
パワー・オブ・マコと電子音楽が好きな
子どもがおりました。やがて、その子どもが
大きくなると、今度はECMとイルビエントと
音響系が好きになり、気がつくといつのまにか
イルコモンズになっていました。というわけで、
そんなイルコモンズがここ数年ずっとフォローし
てるのが「ワールズ・エンド・ガールフレンド」で、
このWEGの近作「The Lie Lay Land」(05)に
収録されてた「We are the massacre」の
PVがYouTubeにアップされてるみたいですが、
音質と画質があまりよくないようので、レーベル
のサイトにアップされているものを紹介します。

d0017381_5244748.jpg
we are the massacre (2005年)
音楽:world's end girlfriend
映像:rokapenis

音楽のみ (5分45秒 7.9MB mp3)
映像つき (5分46秒 B/W 31.2MB mov)

どちらもダイレクト・リンクになってますので、まずは、なにも聞かずだまって、
音だけきいてみてください。そのあとで今度は、映像と一緒にみると、たぶん、
ことばを失くします。映像はストック・フッテージのモンタージュでできていて、
ゴダールの「アワーミュージック」の「地獄篇」のようなものだといえば、映画を
観た方なら察しがつくと思います(つまり結構キツイ映像がカットアップして
あります)。映像は、関西在住のVJユニット「ロカペニス」が手がけていて、
WEGらしい叙情的なメロディのうえに高周波のヒス・ノイズとブレイクビートが
かぶさり、そのうえで暴力的な映像が展開してゆくというこのモンタージュは
まるで悪夢のようにうつくしく、そして、童話のようにおぞましいです。特に、
麦畑の彼方に今はなきWTCが現われるカットを目にすると、いったい何が
こうした音楽や映像をつくらせているかがだんだんわかってきて、いろんな
殺戮のシーンがにわかに意味をもって見えてくると思います。

------------------------------------------------
[追記1] WEGの他のトラックも聴いてみたいという方は、ノーブル・レーベルの
サイトにアップしてある、こちらをどうぞ。これもなかなかいいですが、個人的には、
WEGが「ワンダーランド・フォーリング・イエスタディ」という別名義でリリースした
「enchanted landscape escape」というアルバムをオススメします。

[追記2] ロカペニスの別のビデオクリップを見てみたいという方は、公式サイトに
「業務用PV」がアップしてありますので、そちらをどうぞ。こちらも「死ね死ね団」
とかその手の映像が、高速BPMでモンタージュしてあって、かなりイイですよ。

[追記3] スピルバーグの映画「ミュンヘン」でも、WTCの遠景が使われてましたが、
あれより断然、こちらのほうが薄気味わるいですね。
[PR]
by illcommonz | 2006-05-01 06:36
<< ▼今週の「文化人類学開講講座」は、 ▼講演:ゴダールの〈一〉に抗す... >>