人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼世界で最も美しい本にさわる
▼世界で最も美しい本にさわる_d0017381_2017462.jpg印刷博物館の「世界で最も美しい本
1991-2005」展をみてきました。
どれが「最も美しいか」はさておき、
この4冊の本がいいなと思いました。

Heinz Ludwig Arnold
"Arbeiterlyrik 1842-1932"

Rastor-Noton
"oacis: optics acoustics
calculated in second"


Wolfram Frommlet
"Mond und Morgenstern"

Nick J. Swart
"Nobody Forever"


Heinz Ludwig Arnold の本は、この平面写真でみると、なんてことないようですが、
左端にちょっとだけ見えてる黒い表紙の上に、もう一枚、分厚いボール紙の表紙が
とりつけてあって、それが本体よりもひとまわり大きく、ややとびだしているため、
見た目に立体感があり、実際、手にもつとオブジェのような感じがします。この
造本は工芸的というより、建築的な感じがしました。ほかにも同じような意匠の
ものがありましたが、これがいちばん完成度が高いと思いました。

そのとなりは、カールステン・ニコライや池田亮二、スキャナーといった音響系の
音楽作品をリリースしている Rastor Noton レーベルのコンセプト・ブックで、
ここのサイトをみて、音をきけば、どういう感じのものか、察しがつくと思います。

下の段の左の本は「月と明けの明星」というタイトルのこどもむけの絵本で、
表紙だけみると、それほどたいしたことないようですが、うっかりページをめくると、
谷岡ヤスジの漫画みたいに鼻血がブーーーーーーーーと出そうになります。
アシッドな色の配色は60年代のサイケがすべてやりつくしたと思ってましたが、
他にもまだこんな組み合わせがまだ残っていたのかと、思わせてくれる本です。

最後の本は、シルクを使って印刷したインディペンデント・パブリッシング色の
強いジャーマン・グラフィティの本で、いわば、大竹伸朗をポリティカルにして、
デストロイ・オール・モンスターズをポエティカルにしたような感じの本です。

見に行ったのが展示の最終日で、「さわってよい本」のコーナーに置いてある本は、
どの本もさんざん人の手にふれ、いい感じに角がとれ、背表紙や綴じもかなり
くたびれかけてたので、なんら気兼することなく、本をひらいたりとじたりすることが
できてよかったです。気がついたらほぼ4時間近く見てました。

で、こういうきれいなデザインのものをたくさん見たあとの帰り道というのは、ふだん、
あまり気にしないもののデザインまで妙に気になるもので、どこの政党のものとは
いいませんが(ロシア構成主義とすこし関係のある政党です)、ほぼ10mおきに、
壁やら塀やらに無造作に貼られた議員ポスターのデザインと、その配色の酷さが
ことさら目についた日曜の夜でした。
by illcommonz | 2006-04-30 16:08
<< ▼諸行無常のゴングがゴーン ▼「異文化誤解の映画史・予告篇」 >>