Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼少年、狂い易く、学成り難し
社会科学にパーシャル・トゥルース(部分的真実)という概念があります。
これは、任意の事象について、それはその他のすべてのケースについて
一般化することのできる「全般的真実」ではなく、あくまでその一部や特例
に過ぎないが、しかし「部分的真実」としては存在するという意味です。
たとえば、これなどはそうかもしれません。

d0017381_2561125.jpg「ヴァーチャルトーナメント狂いのこども」(カラー 4分18秒)

そして、これにはいくつもヴァージョンがあります。
「ヴァーチャルゲームプレーヤー1」(同上 日本語字幕版)
「ヴァーチャルゲームプレーヤー2」(同上 日本語字幕版)
(参考) Unreal Tornament ミュージック・ヴィデオ
(参考) Unreal Tornament 2007年版予告篇

はたして、このどれが、どの程度まで、真実であり、そして、これを見て、何を考え、
何を語るべきか、独断と憶見を避け、それを見きわめるのが、社会科学という学問に
課せられている使命です。あいにくイルコモンズは、ドイツ語のヒアリングができない
ので、もし、できる方がいたしたら、ぜひご教示をおねがいします。しかし、これは、
みていて、胸が痛くなるなぁ。。。

--------------------------------------------------------------
[追記]"参考資料"にあげた「Unreal Tornament 2007年版予告篇」と一緒に見ると、
このこどもの興奮ぶりがある程度、理解できますね。そして、なにより、この興奮が、この
こども自身のせいではないということが。
[PR]
by illcommonz | 2006-05-27 03:05
<< ▼心がすさんだときは ▼続・すばらしき仲間 >>