Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼市場に抗するコレクション展
d0017381_23281610.jpg「美術手帖」のグラビアに使った「電気リケンベ」の
現物は「イルコモンズトラベリングアカデミー名古屋」
の会場の隣のギャラリーで、ちょうど開催中だった
企画展「コレクション展」に飛び入り参加して、
グラビアの版下と一緒に展示してもらってます。
展示は明日までなので名古屋にお住まいの方は、
ぜひどうぞ。ただ今回は飛び入り参加だったので、
電気増幅装置はなしです、ごめんなさい。代わり
にイルコモンズがアフリカで愛用してた石油ランプ
を電化した「電気ランプ」を置いています。

d0017381_23285810.jpg
「コレクション展~
彼らのもとに集まってきたもの」
2006年6月10日(土)~18日(日)
新見化粧品店 (名古屋中区新栄2-2-19)


この企画展は、もともと化粧品屋さんだった店舗の陳列棚をうまく使ったよい展示で、
展示されているコレクションの内容とコンセプトもすごくよかったです。グローバル化
によって、アートや工芸品が一部の金持ちたちのマネーゲームや投機の対象となり、
市場価値や商品価値でもってモノの価値が決められ取り引きされてしまう今の世界
のトレンドに逆らって、名古屋在住の作家たちが、自分の作品ではなく、自分にとって
本当にかけがえのない大事なモノを持ち寄って気前よく展示してみせてくれています。
そんな風に書くと「なぁんだ、それだけ」と思うかもしれませんが、さにあらず、これが
滅法おもしろいので見ておいた方が身のためですよ。東京でも誰か企画しないかなぁ、
と思うくらい、よかったです。

名古屋では他に豊田市美術館の「内なる子ども」展と東松照明さんの「愛知曼陀羅」
をみてきました。どちらもすごくよかったので、イルコモンズトラベリングアカデミーの
報告とあわせて、いずれ時間があるときに書くことにします。
[PR]
by illcommonz | 2006-06-17 22:32
<< ▼原始の森の子 ▼文化人類学者になりそこねてい... >>