Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼[過去形] 心のベストテン第一位はこんな曲だった(by 小沢健二)
d0017381_22501346.jpg昨日はひさしぶりに下北沢で、
クーラーとヤニの匂いにまみれながら
夜遊びし、朝帰りしてきたせいもあって、
夏日(なつび)の今日は、日がな一日、
生涯チャート・ベストテン(夏の部)第一位の、
この曲をずぅぅぅぅぅうぅぅぅぅうぅぅぅうぅっと
聞いてました。

「みーんな そそのかされちまう つーいつい 流されちまう
結局 暑さで まいっちまう 誰のせい? それはあれだ 夏のせい!」
スチャダラパー「サマージャム'95」

きいているうちに、だんだん「あぁ、でも、もうこんな夏は二度とやってこない
のだろうなぁ...」というスコット・フィツジェラルド系ロスト・ジェネレーション的
観想(略してスコフィ系ロスジェネ感覚)(あるいはバブル世代のオヤジ的な
感傷)にとりつかれ、ときどき、ゆらゆら帝国のCDにディスク・チェンジしたり
してるうちに、気がつけば、もう、夕方、東京は夜の7時。

d0017381_2256115.jpgみれば、今日は、東京地方にしてはめずらしく、
夕涼みにうってつけな、好い夕方加減なので、
「サマージャム'95」から11年目の夏の
「妥当な線」として、薄着!うちわ!風鈴!
持参で、夕暮れの多摩霊園をゆらゆらっと
散歩してきました。BGMはセミとカラス
(「画像はイメージです」*季節もちがいます)。

で、陽もとっぷり暮れてきて、「さて、帰ろうかい」と思ったとき、それまで
ちっとも鳴らなかった風鈴がちぃぃぃんと鳴って、「あれっ、なんか、いい風」
という人の声が聞こえた、ような気がしたのは、もちろん、空耳です。

プールもレンタカーもテープもクラブも再放送のドラマも、みんな過去の
ものになったけど、薄着で近所を散歩することならまだできる。それが、
イルコモンズ現在形。富士ロックは行かねど、ロックは死なず、ソニック・
ユースは家でもきける。ということで、テキトーにゴハンをすませたりせず、
これからイカ・ソーメンでもつくって食べようと思います。こんな曲でも
流しながら。

「あれは笑ったなぁ、いきたいなぁ、また、こんな曲でも流し(以下省略)
(あるいは、ここを参照)

----------------------------------------------------------------------
[追記1] ちょうどまる一日たって、今ごろ気がつきました。たぶん、こんなことを
想ったのは、毛利(嘉孝)さんが、昨日の夜中に、フィッシュマンズをかけたせい
です。フィッシュマンズをクラブでかけたりしてはいけないのだ。いや、かけても
いいけど、かけるときは「では、いまから、フィッシュマンズをかけますよ」と一言、
声をかけて、からにしないと、いけないのだ、と思いました。

[追記2] mixi で 「mixi ミュージック」がはじまりました。これがCDの購買誘導
のためのプロモーション・ツールだというのは一目瞭然ですが、それはそれとして、
「お気に入りリスト」の機能を使って、なにかできないかと思い、さっそく実験を
はじめてみました。以下、mixi を参照。

mixi提供「イルコモンズのお気に入りリスト」
▼心のベストテン第一位はこんな曲だった(by 小沢健二)
▼クラブでスピンしてはいけない曲
▼Amazonで買えない名曲アルバム
[PR]
by illcommonz | 2006-07-02 23:25
<< ▼[未来形] 文化をかきまわす... ▼ただいま、 >>