Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼ザ・デイ・アフター・YouTube
d0017381_784739.jpg
YouTubeで「何が見れるか?」ではなく、また「何ができるか?」ですらなく、
(もうその段階はすぎてるし、YouTubeにできることはサイトに書いてある通り)、
いま地球の北半球の住民たちが、カルビーのかっぱえびせんみたいに、やめ
られない・とまらない状態になってるYouTubeが、このままのかたちであと1年
つづいたら、「その後の世界」の表現文化はどう変わるだろうか、と、わくわく
しながら思案中。おそらく世界は変わらないが、人の意識はかわる、というか、
もう見る側の意識は変わりはじめてる。音楽であれ映画であれアートであれ、
政治であれ何であれ、その世界を深く知るメディアとして、テレビがほとんど
機能してこなかったことに気づきはじめている。まさに「テレビを制するには
別のテレビを」であり、本当の「オルタネティヴ」とは、こういうものだと思う。
そして、いまや最短1秒から数分(最大50分)の、短いタイムスケールが
ひとつの番組や作品のスタンダードタイムになり、パッケージ化されない
ブツ切りの断片性と雑種性に対する耐性がつき、そこにはもうCMはない。
さすがに音楽や映像の作り手たちは、この変動に気づいてるみたいだけど、
現代美術家や出版業界はそれにちゃんと気がついてるいるだろうか。かつて、
民衆の氾濫でバスチーユの牢獄がこじあけられたように、著作権の牢獄に
風穴があけられる日は近いかも(上のYouTubeのトラフィック・データの
上昇カーブがそれを予言している)。

「世界の情報をすべてビジュアル・オーディオ化にして配信する」というのが
たしかビル・ゲイツの夢だったが、マイクロソフトの独占的ビジネスとからんだ
その夢が、まさかこんなふうに著作権を解放するようなかたちで起きるとは
予想してなかったはず。ともあれ、YouTube以前と以後では、表現物の
見方や作り方、その所有と共有の仕方、そして作品のタイムスケールや
クオリティもYouTubeの規格に影響をうけたものにかわるはず。というのも、
かく云うイルコモンズがそうで、知らず知らずのうちにYouTubeにアップする
ことを考えて、ムービーの時間をなるべく短くしたり、低解像度でも見栄えの
するものにしようとしてることに、気がついたからです。これまでも、こういう
データの共有はたくさんあったけど、やはり、誰でも・平等に・簡単にできる
ということは、いいことだ。そして、この革命が小さなガレージからはじまった
というところがいい。問題は、これがこのまま続くかどうかだけど、たとえ、
このまま続かなくても、リアルタイムで一度、こういう自由な空気にふれ、
「何だ、やってもいいんだ、やっても平気なんだ、そして、こういうのって、
いいなぁ...」と感じる体験をした人間と、そうでない人間とでは、これまでの
世界とはちがう「もうひとつのオルタネティヴな世界」をリアルに想像できる
想像力のはたらかせ方やその力がずいぶんちがってくるはず。はたして、
この先、YouTubeがどうなるかはわかりませんが、とりあえず、いまは、
この自由な空気を胸いっぱいにすいこんで、未来のために記憶しておく
ことにします。未来といえば、ノストラダムスはインターネットの登場に
ついて何か予言してたっけ。ひさしぶりに「諸世紀」を読んでみるか。。。

------------------------------------------------------------
[追記] 2004年にリリースされた「EPIC 2014」は、2014年までの
ネットの未来をかなりリアルに予言したものとして話題になりましたが、
2006年のYouTubeの登場とその流行は予測できなかったようで、
差分修正が必要になっちゃいましたね。
[PR]
by illcommonz | 2006-07-17 07:28
<< ▼[情報開示] イルコモンズ・... ▼ディズニー・アート店 (原文ママ) >>