Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼真夏のステーツメント
d0017381_2354141.jpg上半身はだかで、黒いチューリップハットに、
黒メガネをかけた、jocavc 氏のストレートで、
シンプルな裸のステーツメントが、いま静かな
反響を呼んでいるようで、これに対するレス
ポンスのヴィデオもアップされてるようです。

"Lets Ask for Peace in the Middle East!"

Views: 157,899 times
Comments: 4,295
Favorited: 147 times
Honors: 5

彼が何度も口にする「僕にはわからない、でも、、」というところが、
共感をよんでるのかもしれません(誰だってそうですから)。もし、
これが声も映像もない、ただの文章だったら、これほどの反響は
なかったでしょうし、なにより、裸で語る姿が不思議な説得力を
もっていて、どこそこの国の、どこそこに住む~人ではなく、
ニンゲン=ヒトが話してるような印象をうけました。

ところで反戦と平和の歌というと、いまだにJ・レノンの「イマジン」が
定番になってますが、正直云って、あの曲はあまり好きではありま
せん。たしかにあの曲が書かれた当時は、カウンター・ムーヴメント
がゆきづまりをみせ、いろんなものがやたらと破壊的になってたので、
ああいう癒し系のものが求められたのだと思いますが、あの曲の
持つダウナー感はどうも苦手で、あの曲がかかってる場所で語られる
愛と平和にはどうしてもなじめなくて、ついつい、愛と平和ということばを
口にするのを、ためらいそうになりますが、そんな時は、コステロの
この歌を思い出して、気をとりなおすことにしてます。

エルビス・コステロ&ジ・アトラクションズ
「平和と愛と理解のなにがそんなにおかしいんだ?」
(What's so funny 'bout) Peace, Love and Understanding

人をすわりこませるようなイマジンよりも、へこたれた気分をもういっぺん、
正面に向きなおさせるドライヴ感のある、こういうストレートでポジティヴな
愛と平和と理解のうたの方が性に合ってるようです。それにレノンだって、
もう少し長生きできたら、たぶん「イマジンをかけるのは、もうやめてくれ」
と云ったと思います。なにせ七〇年代の初頭に「これからはレゲェだぜ、
イエー」なんて云ってた筋金入りのロッカーでしたから。
[PR]
by illcommonz | 2006-07-23 23:15
<< ▼ヘブライ語とアラビア語 ▼レバノン映画 「ラミアと白い凧」 >>