Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼[夏休みの訳文] チョムスキーとロイとこどもたち
d0017381_20295444.jpg「戦争犯罪とレバノン」
合衆国の支援をうけたイスラエル軍によるレバノン
爆撃は、同国を完全なマヒ状態におとしいれ、猛烈
な煙と怒りをまきおこしている。カナ地区の大虐殺
による人命の喪失は、単なる"行きすぎ"どころの話
ではない。それは、現行の国際法が定める、れっき
とした「戦争犯罪」である。イスラエル空軍が故意に、
かつシステマティックに遂行したレバノンの社会的
インフラの破壊も同じく立派な「戦争犯罪」である。
これはレバノンをイスラエルと合州国の属国の地位
に貶めようとして計画的に行われたものだったが、
それは失策だった。レバノンに関していえば、今や
国民の87%がヒズボラのレジスタンスを支持して
おり、このなかにはキリスト教徒とドルーズ派の
80%が、そしてスンニ派の89%が含まれている。
これに対し、合州国がレバノンを助けてくれるなどと
まだ信じている者はわずか8%にすぎない。それ
なのに、国際社会が設置している、どんな法廷も、
これらの行為を裁くことはできないのだ。

なぜなら、この非道な犯罪に手をそめ、それに加担した合衆国とその同盟国が、そうした
裁判を認めるはずがないからである。ヒズボラを掃討するためのレバノン爆撃が、実は、
かなり前から予定されていたということが明らかにされている。合州国とその忠実なる
同盟国であるイギリスは、国民の大半がブレアの政策に反対しているにもかかわらず、
イスラエルの行動にGOサインを出してしまったのである。これによって、レバノンが
これまで享受してきた束の間の平和は終わりを告げ、機能不全に陥ってしまった
この国は、もういいかげん忘れたいと思っていた過去をまた思いださざる得ない窮地に
おいこまれた。国際社会が黙って見ていることをいいことに、レバノンを標的にした
「国家によるテロ」がガザ地区で繰りかえされている。パレスチナでもまた、最後に
残された土地までが、合州国の直接的な関与と同盟国の暗黙の了解のもとで、
イスラエルにとりあげられ、めちゃくちゃにされている。私たちは、この野蛮な行為の
犠牲になった人たちとそれに対するレジスタンスを始めた人たちに対して連帯と支持を
表明する。そして、私たち自身は、それぞれ自分の国の政府がこの犯罪に加担して
いることを、あらゆる可能な手段を使って明らかにるだろう。パレスチナの占領とイラク
の占領、そして一時的に「中断」されているレバノンへの爆撃が続くかぎり、中東に
平和はない。

タリク・アリとノーム・チョムスキーとエドゥアルド・ガレアーノとハワード・ジンと
ケン・ローチとジョン・バージャーとアルンダティ・ロイ(とイルコモンズとこどもたち)

▼原文はここ
(*上の文はイルコモンズ訳なので一部誤訳の可能性あり)
.....................................................................................
d0017381_592360.jpg
[追記] (うぁ、またふえてる!)。いま、YouTubeで (George) Galloway と検索すると、
上から下まで Galloway Galloway Galloway Galloway Galloway という
Galloway 祭り状態になってます。上の共同声明よりも、もっとはっきりイスラエルの
攻撃が「国家的テロ」だと弾劾し、ヒズボラが国民の支持を集めてることを指摘してます。
このヴィデオがこれほどたくさんアップされてるのは、「Galloway に一票!」という
感じで、この見解が支持されているということであり、ある意味、これは、YouTube を
使った民主的投票行動といえるかもしれません。イラク戦争時に、ブレア政権のことを
「この、うそつきマシンどもめ」とこきおろしたGalloway のレトリック(というか悪態)に
は定評がありますが、おそらくGalloway の最大のレトリックはこの地声の大きさだと
思います。6分目あたりからドライブがかかってくるので、そのあたりが必見(MUST
SEE)です。Galloway の相手をしてる女性アナウンサーはちょっとばかり気の毒な
気もします。
[PR]
by illcommonz | 2006-08-09 20:50
<< ▼以上、各社の提供による ▼T.C.D.C. >>