人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼サンカミーユの奇跡・変人たちの村
d0017381_0522464.jpgどうにもこうにも、いろんなことが、
うまくいかない、今のこの惑星で、
カナダのケベック州にあるサン・
カミーユという、ちいさな村では、
いろんなことがうまくいっている。
「たたかうごはん」の提唱者、
にむら(じゅんこ)さんが訳した
ベルナール・カセンの「小さく
てもグローバルなケベックの
村」というタイトルの記事に、

なぜ、その村では、ものごとがそんなにうまくいくのか、その理由が分析してあって、
それが、なかなかおもしろかったので、以下、抜粋して紹介します。(全文はこちら)
.............................................................................................

「小さくてもグローバルなケベックの村」

「これら盛りだくさんの活動が、たった446人しか住民がいない小さな村で繰り広げら
れているのだ。その秘密はどこにあるのだろう。同じ芝居の中でひとり何役もこなす
劇団のように、サン・カミーユ村の人々にとって自分のあり方はひとつだけではない。
無給で働く人と有給で働く人、消費者と生産者、給仕する人とされる人、教える人と
教わる人、俳優と観客という具合に、時と場合によって、そのどちらにでもなる。(...)
それは何か「見えざる手」が生み出したものでもない。この錬金術のかげには様々な
人間がいる。概して個性が強く、明確な見通しを持ち、村の存続のために一肌脱ごう
と決意した人びとだ。私心がなく、斬新な解決策をあみ出し、あらゆるチャンスをすば
やくものにする。この人たちは教え上手でもあり、自分たちの考えを村の中に上手く
広め、常に「アンテナ」を張りめぐらせていて、まずは隣村、そして五大陸にわたる
広い世界とつながっている。(...) 社会的実験は、ポルト・アレグレやカラカスのような
規模の都市でなくてもできる。小さな村だって、グローバル・ビレッジになれるのだ。
(...) サン・カミーユ村、かくあれり。ここには愉快な人生があり、村の存続はみなの
知恵の結集にかかっている。村を支える原則のひとつになっている応用倫理を、
村に出張開設した大学教育コースで教えているのが、シャーブルック大学教授の
ジャン=フランソワ・マレルブである。ラローシュがよく引用するウィンストン・チャー
チルの次の言葉をどう思うか、と我々はマレルブに聞くのを忘れた。「変化が喉元に
迫りくる前に、変化を手でつかんだ方がいい」
.............................................................................................

大学教授かくあれり。そして、こういう社会実験は、何もよその国の小さな村だけで
なく、活気をなくした大学の教室でだってできる(はず)。問題は「概して個性が強く、
明確な見通しを持ち、村の存続のために一肌脱ごうと決意した人びと」や、「私心が
なく、斬新な解決策をあみ出し、あらゆるチャンスをすばやくものにする」人、そして
「教え上手でもあり、自分たちの考えを村の中に上手く広め、常に「アンテナ」を張り
めぐらせて、広い世界とつながっている」ような人は、いまのこの惑星では「変人」
あつかいされるということだが、でも、それがどうした。「自分のあり方はひとつだけ
ではない」のだから、人はときどき「変人」になった方がよいと思う。ダブルキャスト、
トリプルキャストの分裂した人格を社会の現場でアクト(演じる/実行する)してみ
てはどうかと思う。世界を「変える」のはいつも「変人」たちである(なにしろ「変人」と
いうくらいだから。もっとも小泉のような変人はわるい方に変えてしまうのだけども)。
なにはともあれ、間に合いたいのなら、間に合わせたいのなら、今のうちである。
今なら、たぶん、まだ間に合う。いま、やらなくて、いつ、やる。

-----------------------------------------------------------------------------
d0017381_1434667.jpg
[追記] て、ことで、「イルコモンズ・トラベリング・
アカデミー京都篇」、開催までいろいろたいへん
だったみたいだけど、最後まで、どうかひとつ
よろしく>京都担当者

イルコモンズ・トラベリング・アカデミー京都
2006年9月22日(金)13:00-19:00
龍谷大学瀬田キャンパス4号館201教室
(滋賀県大津市瀬田大江町横谷1-5)
by illcommonz | 2006-09-10 01:15
<< ▼もうひとつのマクドナルドは可能だ ▼五月が、何度すぎても >>