Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼現・都知事の文化政策を問いただす会
d0017381_4431122.jpg仙台でイルコモンズアカデミーを開催してたその同じ晩に、
「検証!石原都政と文化政策を問う緊急ミーティング」
IRAで開催され、イルコモンズも参加を求められていた
のですが、あまり緊急すぎて、スケジュールの調整が
つかず、残念ながら出席できませんでしたが、下記の
テーマで討議が行われたそうです。このミーティングに
どのジャンルから誰が出席して、どういう発言があり、
どういう検証結果が出たのか、そして「美術手帖」は
ちゃんと取材したのか、気になります。

「東京都では、石原都政の下、5年間で16%もの文化予算を削減してきました。東京交響楽団の大量解雇をはじめ、東京都関連の各文化施設は運営の効率化と入場料収入の向上を強いられてきました。たとえば、東京都立現代美術館では催事場のようなイベントを開催するなど、美術館とはほど遠いイベントまで行ってきました。その一方、東京都事業として2001年にスタートしたギャラリー「トーキョーワンダーサイト」は、3館で桁違いの補助金が注ぎ込まれ、身内を運営者とし、一部の関係者だけが利益を得る形で運営されてきました。本当にオルタナティブに運営されてきた場所や、老舗画廊までもが、厳しい運営状況により閉鎖が相次いぎました。そうした状況の中、石原都知事は東京都現代美術館で開かれた「カルティエ財団コレクション」展にて、「見る者に説明を要する現代美術というのは無に等しい」、「日本の文化は西洋文化よりよほど美しい」と発言。来場者からは「都知事は酔っぱらっているのか」という意見まで出たことがあります。こうした文化政策のあり方に対して、参加者が自分の美術の関わりの中から発言していくという場を設けたいと思います。そこで、急きょミーティングを開催します。ぜひご参加の上、思いのたけをぶつけて下さい」。

【参加予定者】毛利嘉孝(社会学者/美術評論家)ほか交渉中
【コーディネーター】園江光太郎(ライター)

一方、mixi の「石原慎太郎を落選させよう」コミュニティに、こんな情報がありました。

「4月4日の水曜日、15時30分頃、石原慎太郎東京都知事が下北沢にやってくるようです。昨年10月には、下北沢の再開発問題で大型道路の事業認可を下ろしたばかり。都知事であり、都知事候補の石原慎太郎は、下北沢を歩いて何を語るのか。注目したいと思います」。

イルコモンズは、都知事の顔なんて見たくもないので、これは断然スルーしますが、
去年、下北沢でおこなわれた「カルチュラル・タイフ-ン」でも、この再開発問題が
とりあげられ、最終的に、反対の声をあっさりスルーした都知事に対し、「ざわざわ
下北沢」の住民から、どんな声があびせられるか、注目したいと思います。
[PR]
by illcommonz | 2007-04-04 04:36
<< ▼Flowers Never ... ▼都政と区政、転覆と騒乱 >>