Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「その他いろいろ」はつづく
d0017381_7265630.jpg
【墓碑銘】
「今となっては何もかもが美しい。
そしてもう二度と傷つくことはない」
(カート・ヴォネガット、以下同様)

「わたしはヒューマニストだ。
つまり、ある意味でそれは、
死後のいかなる賞罰も期待せず、
いちおう、まともな生き方を
しようと努力してきたことを
意味する」

d0017381_7482253.jpg「サイコパスとは、自分の
行動が他人を苦しめている
とはっきり知りながら、それを
まったく気にしないという、
精神医学でいうところの精神
病質人格である。彼らは頭が
きれ、愛想がよく、社交的で、
そして良心というものが欠落
している。人の心の痛みが
わからないのだ。たとえば、
企業のトップにいるアメリカの
サイコパスは、従業員と投資家
を破滅させて私腹を肥やすが、
それでも自分は白雪姫のように純真無垢だと心から信じているだろう。サイコパスが連邦
政府首脳部に近い地位を手にいれたら、何百万人もの死傷者を出す終わりなき戦争に
突き進むことがアメリカにとって必要なのだと心の底から疑わないだろう。我々は今こそ
何かをしなければならない。だが、何をすればいいのだろう(2002年12月3日)。

「なぜ、こんなに大勢のアメリカ人が、政府からまるで使い捨てのテイッシュペーパーの
ような扱いをされているのか?それは小説家が作り物のお話のなかでいつも端役を
そんなふうに扱うからである。そのほかいろいろ。なにがアメリカをこんなに危険で
不幸な国、実生活でなにもすることのない人びとの集まりにしているのか、それを
理解したとき、わたしはスト-リーテリングを避けようと決心した。人生について書こう。
どの人物にも、他の人物とまったく同じ重要性を与えよう。どの事実にもおなじ重みを
もたせよう。なにひとつなおざりにすまい。ほかの作家たちには、混沌の中に秩序を
もちこませておけ。わたしは逆に秩序のなかへ混沌をもちこもう。もしすべての作家が
そうしたなら、われわれをとりまく世界に秩序などないこと、むしろ我われは混沌の
要求するところに順応していかなければならないことを理解するようになるだろう。
混沌に順応することはむずかしいけれども、それはできる。このわたしが生きた
証拠だ。やればできる。」

d0017381_7474663.jpg
「わたしの願いは、
死後になにが待っている
にしても、みんなが長く
幸福な人生を送ることだ。
日焼け止めを忘れずに。
タバコを吸うな。しかし、
葉巻は体にいい。」



d0017381_812797.jpg
「修正第三十条、あらゆる
人間は、もしかりに自分が
死ねば痛切に惜しまれる
だろうと感じることができる
ように、あらゆる努力を
はらわなければならない。」

【もうひとつの墓碑銘】

「彼は最後までよくやった」
[PR]
by illcommonz | 2007-04-14 08:05
<< ▼シー・ユー・レイター・アリゲイター ▼さよなら、ヴォネガット >>