Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼常識のエイリアン
d0017381_1359148.jpg「常識」と(いう語)は本来、
「文化」と同様に、つねに
「複数形」で語られるべき
ものである。ある種の人びと
とっての「常識」は、他の
人びとにとっては「非常識」
であって、その逆もまた真
である。すなわち一方にとっ
てみれば、他方の常識は
「とんでもない常識」であり
得る。人はこれを「常識の
相対主義」と呼ぶ。そして、
複数の異なる「常識」が、
互いに「とんでもないのは、
おたがいさまだ」と承認し
合い共存し合うのが市民
社会である。かたや暴君が
都民の名を騙って「良識」
を規格化し、常識が単数
化され、一方的に横領さ
れるとき、人はそれを、
独裁主義の社会とよぶ。




バカ騒ぎが許されるのは、テレビの中のヴァラエティ番組だけであり、テレビの外では、
テロ対策の名のもとに、「精神の戒厳令」が敷かれている。「笑うな、騒ぐな、立ち止まるな、
戸締り用心、テロ用心」。そんな時代の「市街劇」。そのとき街の常識は確実にノックされた。
少なくとも、高円寺駅南口18時45分発の「関東バス」の運転手がクラクションを鳴らすのも
忘れて立ち往生してしまう程度には。その瞬間、関東バスの運転手は、こう思ったはずだ。
「ここはいつだ?いまはどこだ?」。この日のベイビーQは、街に現れた「常識のエイリアン」
の役を見事に演じきっていたと思う。

[追記] 写真をみると、「ブレード・ランナー」みたいだ。。。
[PR]
by illcommonz | 2007-04-21 13:39
<< ▼ポスト・フェストムの休日 ▼イルコモンズ・マンスリー・ア... >>