Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼デリスのD.I.Y.ジンとフューチャーアカデミー
今年の「文化人類学解放講座」では、「異文化誤解の映画史」をすっとばして、
「文化人類学者になりそこねた作家たち」による「オルタナティヴな人類学」とその
可能性についての話に時間を割きました。今年は「人類学者になりそこねた作家」
としてアーシュラ・K・ル=グウィンとこないだ死んだヴォネガットの紹介に多くの
時間を割いたために、残念ながら紹介しきれなかったけど、すごく気になってる
作家がいます。ジョゼフ・コスースやスーザン・ヒラー、ローター・バウムガルテン
など、文化人類学的な手法を使った作品づくりをする作家たちから影響をうけた
現代美術家で、80年代にロンドン大学のSOASで社会人類学を専攻し、博士号
を取得した後、また作家にもどって、いまは、キュレーターとしても活動している
クレメンティーヌ・デリスです。アフリカニストであったデリスは「AFRICA95」とか
こないだ森美術館に巡回してきた「アフリカリミックス」なんかにも関わってますが、
気になるのはそれではなく、ここ数年、デリスが自分の表現/評論活動のメディア
としてきた「メトロノーム」という自主制作雑誌と「フューチャーアカデミー」という
教育プロジェクトです。最初の頃の「メトロノーム」は、デリスが得意とするフランスの
シュールレアリズムと民族学との関係などについて論じた評論雑誌的なもので、
どこかバタイユの「ドキュマン」を意識した感じのものでしたが、今年の夏にドイツ
で開かれる「ドクメンタ」のためにつくられた号は、これまでとはうってかわって、
アクティヴィスト・ライクなファンジンのようなものに様変わりし、来たるべき世界で
生き延びてゆくためのさまざまなD.I.Y.の知識を、アフリカなどの暮しの知恵から
学ぶという、そういう形態と内容になっています。百聞は一見にしかず、それは
こういうものです。
d0017381_42984.jpg
「フューチャー・アカデミー」の方もこれと同様、同時代の世界のさまざまな地域の
文化から「もうひとつの世界のライフスタイル」を模索する学習と教育実験の場と
して行われているようです。こうしたデリスの活動は、文化人類学者になりそこねた
アフリカニストで、いまはイルコモンズ・アカデミーを主な表現活動の場にしている
イルコモンズにはすごく気になる存在なので、来年の講義ではこのジンをとりあげ、
アートと人類学とアクティヴィスムと教育を連結させた、オルタナティブな人類学の
可能性について講義できたらと思っています。

[追記] ちなみに「メトロノーム」の次の号は日本をとりあげた、ものすごく分厚い
本になるらしく、日本での取扱店はナディッフなんだそうですが、表参道の店が
閉店してしまったので、どこにいけば手にはいるのでしょうね。もっともその号は
値段もずいぶん高そうで、イルコモンズのおこづかいでは買えそうにないですが。
ともあれ、こういう本が立ち読みできるナディッフがなくなってしまったのは残念です。
[PR]
by illcommonz | 2007-06-01 04:02
<< ▼WIREDのビジョンはどちら... ▼食の主権とデザインは誰のものか? >>