Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼おしらせ
d0017381_6252394.jpg「まぁ、忙しい忙しい」って
云いながらブログばっかり
書いて、ちゃんと仕事と勉強
してるのかしらねぇ、、」
と思われると困るので
お知らせします。

「うん、もちろん
バッチリやってるよ」
って左の写真の男の子が
指をたてて、そう云ってます。

いま56ページのこのガイド
ブックの編集デザインが
最終段階にはいったところで、
来週には校了の予定です。
他に今月は、2枚の
広報ポスターをつくりました。
あと、公開講座用のチラシと
新しい研究プロジェクトの
ロゴマークのデザインも
平行してやってます。


さらに展覧会のコンサルティングやWEBサイトなんかもやってます。
とりあえず仕事はそんな感じで、勉強だって、ちゃんとやってます。

今月は「学会発表」をします。昨年のグレーバーの来日シンポジウムとか一昨年の
現代美術のシンポジウムとか、いわゆるシンポジウムでの発表は断続的にやって
きましたが、いわゆる「学会」での発表というのは、いち、にい、さん、しぃ、、、、、
ああ、ううう、、、、えぇっと、、その、あれだ、実に11年ぶりです。イルコモンズ
が発表するのは「宗教と社会」学会の「第15回学術大会」で、6月10日(日)の
テーマ・セッション「映像宗教学の射程」のいちばん最後に発表します。
mixiにだってちゃんと告知がでてますから、どうかご覧下さい。

で、いま、その発表のための映像編集と資料制作をしているところなのですが、
実はまだ完成してません。4日に滋賀でイルコモンズ・トラベリング・アカデミーが
あり、翌日は連載原稿の〆切なので、なかなか進みません。でも、まぁたぶん
間にあうでしょう。その発表の内容は当日のお楽しみですが、よくみたら参加費が
3,000円(当日受付は4,000円)もするらしいので、残念ながら、経済的に余裕の
ない方にはあまりおすすめできません。時間も最大25分と短いし、いずれにせよ
いずれイルコモンズ・アカデミーでやると思うので、どうぞそちらでお楽しみ下さい
(学術発表なのに、なぜ、お楽しみなのか?)。

最後にもうひとつ。以前告知した国立でのイルコモンズ・アカデミーの日程が
ほぼ決まりました。札幌でのトラベリング・アカデミーの前の週の7月14日(土)に
やります。今回はイルコモンズが文化人類学者になりそこねた一橋大学大学院
社会人類学研究室の主催で開催されます(もしかしたらオールナイトになるかも
しれません)。詳しい事が決まったら追ってまたお知らせします。それと美学校と
札幌でのアカデミーは予定通りで、まだ日程が決まってない下北沢の後は、
横浜でもやるかもしれません。

あと、最近、起こっているいろんな事件や出来事をみて、ちょっと思うところが
あり、まだ場所も主催もなんにも決まってませんが、「イルコモンズ・プライマル・
アカデミー」という実験的なアカデミーをやってみたいと思っています。これまで
のアカデミーではもっぱら、グローバリゼーションのさまざまな問題をとりあげ、
それについて考えるということをしてきましたが、このへんでいっぺん立ち止ま
って、「人間」という生き物や「人類」という存在について考える機会をもちたい
と思い、いまそういう映像を集めはじめたところです。その映像の中にはかなり
ショッキングなドキュメントやポルノグラフィー的なものも含まれてるので、
いつもとは違うかたちや場所での開催になるかもしれませんが、もしそういう
実験的なアカデミーにトライしてみたいという方がいらしたら、ぜひ立候補して
みてください。

ということで、以上、イルコモンズからのお知らせでした。
[PR]
by illcommonz | 2007-06-01 07:32
<< ▼一回やすみ ▼WIREDのビジョンはどちら... >>