Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼世界は変わりたがっている、変わろうとして発熱している
反サミットの暴動、逮捕者の中に日本人…すでに釈放
ドイツ警察当局は3日、主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)を前に、ドイツ北部ロストックで行われたデモの一部が暴徒化した事件で、逮捕者の中に日本人男性(27)が含まれていたことを明らかにした。男性は3日早朝に釈放された。警察当局は2日、投石などをしたデモ隊のうち125人を逮捕したが、その中にはブルガリア人、オーストリア人、ロシア人など外国人も含まれていた。(ベルリン支局)(読売新聞 6月4日)

サミット反対デモ、負傷1000人に―独北部、警備隊と衝突
【ベルリン=赤川省吾】主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)の開催に反対する一部デモ隊と警官隊との衝突による負傷者が3日までに1000人に達した。激しい抗議活動は反グローバル団体などの暴動で多数の死傷者が出た2001年のイタリアでのジェノバ・サミットの状況に似ており、開催地に近いドイツ北部のロストクでは警備当局が終日、厳しい交通規制を敷いている。地元警察の発表などによると2日午後から夜にかけてロストクで数万人規模のデモがあった。アフリカ支援や環境保護を訴える平和的な集会への参加者が大半だったが、顔をマスクで隠し黒ずくめの服装の過激派が、火炎瓶や投石などで重装備の警官隊を襲い、駐車中の車にも放火した。(日経ネットニュース 6月4日)
..............................................................

世界は変わりたがっている、変わろうとして激しく発熱しているが、
マスメディアはそうではないらしい。世界が変わりたがっているのを
隠そうとしている。なぜなら世界が変わっては困る連中がいるからだ。
そういう連中の「国際的談合」の場がG8なのだから衝突するのも当然だ。

マスメディアの報道をみると、「暴徒」「過激派」「暴動」「黒づくめ」.......と
おなじみの古めかしい記号ばかりで、「ブラック・ブロック」とか「アフィニティ・
グループ」とか、そういうことばは一切ない。「ジャイアント・パペット」とか
「ビル・クライミング」はまったくニュースにしないらしい。

d0017381_1435142.jpg
(これだって黒づくめの服装だ)

こういうときこそ、マスメディアが報道するニュースとインディペンデントなメディアが
配信するニュースを比べてみると、何かがみえてくる。自分から自発的にニュースを探し、
自分の目で見てみると、何かがわかってくるはず。たとえば、グローバリゼーションに
反対しているサイトが配信するニュースは、「反対」というポジションからのものなので、
必ずしも「公正中立」ではないかもしれないが、しかし「反対」ということをはっきりと明示
してるので、そのことをちゃんと頭においてみればよい。それがリテラシーというやつだ。
(*「イルコモンズのふた」もグローバリゼーションに反対のポジションから書いてるので
ご注意を)そのうえで、グローバリゼーションに対して賛成でも反対でもない(はずの)
「公正中立」な(はずの)マスメディアの報道をみると、その「公正中立」さについて、
考えなおすきっかけになるはず。

d0017381_120269.jpg
ということで、「公正中立」なマスメディアが報道しないニュースや
映像にアクセスするためのプラットホームはこちら。

▼リアルタイム・メディア・スタディーズ
「G8を(G8に反対する側から)見る」
~同時代の文化人類学・対抗文化篇


d0017381_1212100.jpg
d0017381_5104593.jpg
▲「公正中立」なマスメディアが報道しない、
暴徒化したドイツ警察の映像
http://www.youtube.com/watch?v=f185olt6W4I

d0017381_5212112.jpg
▲「公正中立」なマスメディアが報道しない、
連絡先のアナウンスと音楽の流れる場に
混乱をつくりだしている警備兵
http://www.youtube.com/watch?v=fo8UJOfisbg

▼先にアタックをしかけて挑発したのは誰か?
http://www.youtube.com/watch?v=W3mC-uPyvxs

▼そして、「日本人逮捕者」について、
「公正中立」なマスメディアが報道しない、
もうひとつのニュースは下記のとおり。
.................................................................................

反G8闘争:6月2日の日本人逮捕者の報道について

転載歓迎

先頃からNHKなどで、6月2日のG8反対行動で日本人の逮捕者が出ているという報道がなされています。本日夕刻に、その逮捕者に該当すると思われる方に偶然会いました。24時間の拘留のみで無事釈放されたそうです。今回の逮捕は、直接行動に参加したかどでなされたのではなく、たまたまスカーフで口を覆って現場の写真をとっていたところ逮捕されたというものです。
ドイツでは覆面をつけて政治的表現をおこなうことは「違法行為」にあたり、恣意的な逮捕がおこなわれる場合があります。ドイツでは政治的表現を行う際に、「覆面をしてはならない」や「安全靴をはいてデモをしてはならない」など、信じがたい法的/警察的規制がまかりとおっているわけです。また、逮捕された方によると、逮捕時にはおそらくとりかこまれてリンチされ、「facking jap」など罵声を浴びせられて、明らかに違法な取り調べを強制され、カメラなどの貴重品の多くが当局によって処分されたそうです。

この逮捕事件が、今回の反G8運動に対する警察当局の異常な弾圧ぶりを象徴しています。2日の集会の実態は、集会への解散命令(解散命令それ自体が不当なものであり、日本のひどい規制と比較しても無茶苦茶ですが)を理由に、警察は何度も何度も会場の中に部隊での突撃を繰り返し、挑発と弾圧を繰り返しました。逮捕時の場面を何度か目撃しましたが、言い表せないような暴力行為がおこなわれていました。日本の報道では運動側が一方的に暴力と挑発をおこなったかのように報道しているようですが、2日のデモ/集会における数百人の逮捕者のなかに、今回の日本人の方のような事例が多く含まれているということを、広くお伝えください。

木下ちがや(PP研)、平沢剛(No!G8 Japan)

(掲載元)
▼NO-G8 http://a.sanpal.co.jp/no-g8/
▼ATTAC JAPAN http://attaction.seesaa.net/article/43937670.html
.................................................................................

さらに、「公正中立」なマスメディアが報道しない、
ロストックの現場からのレポートはこちら。

▼G8タイムライン
http://a.sanpal.co.jp/no-g8/cont/G8timeline.html

「アドバスターズ」のカレ・ラースンいわく、「メディアをうらむな、メディアになれ」。
インディペンデント・メディアはそこからはじまった。もちろん、誰もがすぐに
メディアになることはできない、でも「メディアをえらぶ」こと、それなら誰でも
すぐできる。いますぐできる。いま、G8をめぐってロストックで起きていることを、
どちらのメディア(マスメディアか、インディペンデントか)からみるか、そして
数多くあるメディアの中からどれを選ぶか(音楽チャンネルか、アナーキスト
チャンネルか、クィア系か、アート系か)、また、そこにある膨大な映像の中から
どの映像を選ぶか、さらに、その映像のなかのどのカットを見るかによって、
世界の見え方はちがってくる。どの世界の見え方がいちばん正しいかなんて
誰にもいえない。どの見方がいちばん公正中立かなんて誰にもいえない。
世界の見え方はひとつではない。多数の見え方がある。人によってそれは、
全然ちがうし、ひとりの人間のなかでもそれは変わる。ロストックにいる
人びとだって同じだ。ひとりひとり考え方や趣味もちがうだろうし、世界の
見方もちがうだろう。だからいろんなことが起きる。いまロストックで起きて
いることを、自分が選んだメディアと映像を通して見ながらリアルに、かつ
リアルタイムに感じているのは「世界は変わりたがっている」ということだ。
それが良いか悪いかはわからないが、変わりたがっている部分がいま発熱
しているのを感じる。さらにいえば、インディペンデント・メディアがみせてくれた
いくつかの映像のなかで、あの「もうひとつ世界がすでにとっく実現されている」
そんな風に思った。未来はかならずしも全域的かつ同時に実現されるのではなく、
それがまず実現されるのは世界の前衛的な部分、そのエッジにあたる部分に
においてだと思う。ボイスがいうように「未来はすでに実現されている」。
インディペンデントメディアが配信してくれた映像のなかに、やがて来る未来と、
その未来にむけた発熱を感じている。

d0017381_1264725.jpg
G8をそれに反対する側からみること、 「オルタナティヴ」というのは、つまり、
そういうことだと思う。そんなふうに世界というものを、その世界を支配したがってる
側やコントロールしたがっている側とは反対の側から、「別の見方」でみること、
それがオルタナティヴな見方であって、「もうひとつの世界が可能だ」という希望と
それについての想像力はそこからはじまると思う。

d0017381_1305684.jpg

(おまけ)
マスメディアはジェノヴァ・サミットの悪夢を
思い出させようとしてるみたいなので、それに
対抗して紹介します。「アドバスターズ」の
サイトにある「アドバスターズ・テレビ」では
いまリオ・サミットでのセヴァン・スズキの
スピーチをオンエア中です。ぜひどうぞ。

http://adbusters.org/home/

[スピーチの日本語訳テキスト]


-------------------------------------
[追記1] イルコモンズのオルタナティヴなともだち、RLLの意見もどうぞ

▼「おいおい、逮捕=犯罪者ってわけじゃないだろ。」
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=456429339&owner_id=194631

[追記2] まったく同感。

▼「あなたは誰の味方ですか?」
http://ameblo.jp/hirakoue/entry-10035535218.html
[PR]
by illcommonz | 2007-06-06 01:34
<< ▼覆面のわけ ▼おしらせ >>