人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼「戦争画」の展示
d0017381_2074271.jpg
勤め先の研究所の依頼をうけて、アート・ディレクションそのほか(というのは、つまり、
会場設計から展示構成、ポスターデザイン、WEBデザイン、フレームとマットボードの選定、
音響、照明、演示、映像編集、電気配線、壁の補修、床の掃除、キャプション貼りつけ、
ポスター貼りまで雑用全般)を請け負った展覧会の準備が終わりました(というか、
土・日は仕事をしないことに決めたので、金曜日の夜に終わらせました)

タイトルは「鮮麗なる阿富汗 一八四八」。19世紀の「第一次アフガン・イギリス戦争」で
民衆の激しい抵抗運動にあってアフガンから全面撤退したイギリス軍中尉が描いた
リトグラフの展示です。西洋美術史的には「ラファエル前派」の時代に属するもので
残念ながら、みんなが大好きな「印象派」ではないので、お客さんはあまり来ないでしょう。
敗軍の将が描いた「戦争画」なので、勇壮なところはほとんどありませんが、アフガン
人のポートレートはきれいです。それに対し、戦場の惨禍をつづった解説文は、読むと、
たちまち気が滅入ります(だから読んだ方がいいと思います、WEBでよめます)。
展示はいたってシンプルです。ホワイトキューブのなかにホワイトキューブをつくり、
フレームもシンプルです。アフガニスタンに派兵して全滅した駐屯軍の記録というと、
ソクーロフの映画「精神の声」があるので、展示するリトグラフをもとに鮮麗な動画を
つくろうとしましたが、結果的には、使った音楽のせいで、オリバー・ストーンのあれ
っぽくなってしまいました(動画はWEBサイトでもみれます)。「戦争においては、
勝っているときだけ映像を持つことができ、敗者は映像を持つことができない」という
大島渚の言葉もあるし、そもそも映画はもちろんのこと、湿板写真が発明される前の
ことなので、動画はいまひとつですが、「戦争画」の展示なので、その程度でいいと
思ってます。11月30日まで開催してますので、近くにこられたときは、どうぞ。

d0017381_20123367.jpg
[追記]
▼Afghanistan 1979 Country Fair
http://www.youtube.com/watch?v=Zk1qTeIiDM0

こちらはYouTubeでみつけた、1979年のアフガニスタンの映像。
おなじ展示するなら、こういう映像がいいなぁ、、。それにしても、
スーパー8で撮った映像というのは、どうしてこんなにいいのだろう。
こういう風景を破壊してしまう戦争がますます嫌いになります。
by illcommonz | 2007-10-27 20:15
<< ▼1,300人の子どもたちが列... ▼未来世紀アフリカ >>