人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼グローバル構造改革バンザイ!私たちはG8帝国の言いなりになります!
d0017381_345428.jpg「定年後も正社員」に厳しい現実
=希望者6割、実現見通しは1割

60歳定年を控えた人の6割が定年後も正社員として働きたいと考えているが、実現できそうな人はほんの1割にとどまることが、独立行政法人の労働政策研究・研修機構がこのほどまとめた調査で分かった。多くの人は嘱託・契約社員として再雇用され、年収も大幅に減る可能性が高く、定年後の労働者を取り巻く厳しい現実が浮かび上がった。昨年4月から企業は再雇用などによって社員を60歳以降も雇うことが義務付けられ、調査では88.0%の人が自分の会社に定年後の継続雇用制度があると回答。希望する就業形態は「正社員」が56.5%と最も多かった。しかし、実現の可能性が高いのは「嘱託・契約社員」が71.1%を占め、「正社員」は11.0%だった。(時事通信社12月6日)

4年後、2万人弱削減=「実施計画」の前提-郵便・局会社
日本郵政が、民営化前に政府の認可を受けた「実施計画」の前提として、傘下の郵便事業会社と郵便局会社について、2011年度末までに計2万人弱の人員削減を見込んでいることが6日、明らかになった。定年退職による自然減を中心に、グループ人員の約1割の規模縮小を目指す。ただ、具体的な削減計画は策定されておらず、労働組合との調整などの課題も残されている。日本郵政の佐々木英治専務が6日の参院総務委員会で、山下芳生氏(共産)の質問に答えた。同専務は実施計画での11年度の人件費に関し、郵便事業会社で08年度比600億円減、郵便局会社で同570億円減と説明。この前提としてそれぞれ約8000人、約1万1000人の削減を表明した。いずれも現在の社員数の8~9%に相当する。(時事通信社 12月6日)

「グローバル構造改革バンザイ!ネオリベ経済よ永遠なれ。私たちはG8帝国の言いなりになります!」。でも、その前に一言だけ云わせてもらうなら、これは全部G8のおかげだと思ってる。灯油の値上がりも、不安定雇用も、食品偽装も、捨て児も、そしてなにより人心の荒廃は、なにもかもすべてG8のせい、もとい、G8のおかげだと思ってる。ウソだと思うなら、、、、はぁ、もぉ、いいや (以下省略)で、以上。

d0017381_3162490.jpg[追記]
「グローバリゼーションよ、
すばらしい未来をありがとう。
私たちは、いま、一歩一歩、
その未来へ近づいています。
21世紀の帝国へ、ようこそ!
灰色の未来へ、ようこそ!
さぁ、このまま立ち止まらずに
どんどん進んでゆきましょう。
なにものにも立ち向かわずに、
このまま暗黒の世紀へ」。
by illcommonz | 2007-12-07 03:14
<< ▼今日はとても調子がよい ▼また置き忘れた >>