Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼過激なサーバント
d0017381_1474716.jpg「今日の仕事は今日のうちに、明日の仕事も今日のうちに」。というのがイルコモンズ家の家訓である。これは祖母の代から伝わる一族伝来の教えで、イルコモンズもばあちゃんの口から口伝で教えられた、というか、たたきこまれた。後に一族の末裔であるイルコモンズが独自に調べてみたところ、どうやら、これの元になってるのは「葉隠(はがくれ)」であるらしい。こうみえても大学院時代は「文献研究の鬼」とか「書庫の番人」と呼ばれたブッキッシュな人間である。調べもの、探しもの(ついでに落しもの)、そして、検索の類は得意で、「よく調べ、よく忘れる」が人生のモットーである。それはさておき、「葉隠」というのは「武士道とは死ぬことと見つけたり」というあの本のことである。なので本来は「家君にとことん忠誠を尽くし、家君のためなら命をも惜しまぬ」という「ハードコアな武士」としての心得である。つまりそのベースにあるのは「究極の奉公人」あるいは「最高の家来」としてのサーバント・スピリットであり、別の云い方をすれば「ラジカルなサービス精神」である。実際、「葉隠」はそのスピリットがあまりに過激すぎて、当時の武士道からは大きく逸脱し、メインストリームの武士たちからは異端視されていたという。また一説によれば「禁書」として扱われた時期もあるという。あと、これは本当かどうか分からないが、「葉隠」の教えを完全にマスターした者はそのあかしとして「葉隠の書」を燃やしてみせたというから、なかなかラディカルである(ただし主従関係の根本的な不平等性を疑わないのでアナーキーではない。とはいえ、人の云うことを聞かないイルコモンズといえど、ばあちゃんの云うことには逆らえなかったのでアナーキーではない)。それはともかくも、「今日の仕事は今日のうちに、明日の仕事も今日のうちに」というのは、今日に至るまでのイルコモンズの人生を律してきた不文律のルールである。そして実家に「葉隠」の本がなかったところをみると、「ばあちゃんは相当の「葉隠マスター」であったと見たり」である、、、、、あ、でも、これって何の話を書こうとしたんだっけ、また、忘れた、、、ええっと、福岡出身の芸人や役者がついサービス過剰になり、キャラが過激になるのは「葉隠」の精神が、、、、、いや、そんな話ではない、なんだっけ、、、あ、そうそう、思い出した。今年ももう終わりなので(というか、もう終わった)、「今月号の原稿は今年のうちに、来月号の原稿も今年のうちに」書きあげたという、ただそれだけの話のはずだったのだが、この前置きの長さや話の脱線ぶりは何だろう。これも過剰なサービス精神なのだろうか。ともかくも、来月号の原稿まで入稿したので、これで正月はのんびりと暮らせるはず。ルーツはともかくも、忠誠を尽くすべき君主をもたないイルコモンズにとって、「今日の仕事は今日のうちに、明日の仕事も今日のうちに」のいいところは、今日のうちにやっておけば、明日の予定や仕事にとらわれずに、自由にアナーキーに暮らせるということである。かくして「アナーキーとは自由であることと見つけたり」。さて、自由な時間ができたので、そろそろ「回顧」をはじめよう。
[PR]
by illcommonz | 2008-01-01 01:58
<< ▼歳末のダブル入稿 ▼マイ・ローカル・ニュース >>