Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼きんようぶんか批評
d0017381_2311187.jpg
▼「週刊金曜日」2008年1月18日号 「きんようぶんか観客席・アート」より無断転載
「はじめに断っておくが、大阪市立近代美術館というのはまだない。「大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室」が現在の正式名称だ。ここで開催中の「ビデオランデブー:映像の現在」では、元・現代美術家にして(愛される)アナーキストのイルコモンズ氏が早くも「イルコモンズの回顧と展望」展を行っている。40すぎたら「回顧展」。これ、現代美術家の常識。デモとパンクをこよなく愛するイルコモンズといえば太鼓。日本中を太鼓を担いで駆けずり回り、どんどこどんどこ打ち鳴らす。実にうるさい美術家だ。準備期間は5日間。交通費および運搬機込みの総工費10万円が投じられたこの回顧展では、氏の最近のテーマの一つ「インフォショップ」が、氏の基本テーマの一つでもある「子ども」向けに作れらている。まさに09年(*原文ママ)的イルコモンズ回顧展に相応しい。なにしろ準備もそこそこに30個の太鼓とマネキン3体などを持って大阪にとりあえず旅立ったため、展示はいまだ完成に至らず。たぶん最終日あたりが見どころだ。ちなみに「インフォショップ」というのは、反グローバリゼーションの活動家などが同人誌やイベントのチラシなどを持ち寄ったり情報交換する拠点となる場所のことで、日本にも少しつづできはじめている。消費主義や監視社会に、ヒューマニスティックないたずらやジョークをもって徹底抵抗する元・現代美術家の展望はおそらく未来永劫建設中となるだろう。」(水越真紀)

まったく異論ありません、ありがとうございます。>水越さん

▼「イルコモンズの回顧と展望」展(「sortie de secours333」より無断転載)
「1月10日から20日まで大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室で開催されている『ビデオ・ランデヴー:映像の現在』に行って参りました。今回は会場でのループ上映とインスタレーションが随時行われ、ワークショップやトークも楽しめるという、あのスペースにしては珍しい展示になっておりました。一番みたかったのはイルコモンズさん(元現代美術家)の“インフォショップ”。インフォショップって聞き慣れない言葉ですが、欧米ではアナーキストたちが集う場所として広まっているそうです。(アナーキストといっても別に暴れたりはしません)。主にカフェスタイルがとられ、特徴としては沢山の本やポスターがあり情報が交換される空間になっていて、日本でも少しずつ増加しているようです。そのようなものを小田さん(イルコモンズさん)が10日間限定で開くと聞き行ってみたのですが、会場には小田さんが作業していてまるで「小田マサノリの家」のようでした。プロジェクターから映し出されるブッシュ氏の映像の横には卓球台があり壁には的となるブッシュのポスターが貼ってありました。勿論打ちました(笑)。言葉では説明仕切れないので気になる方は是非足を運んで下さいまし。あと、偶然やっていた谷川俊太郎さんのトークショーも参加しました。非常に明瞭な言葉と素直な意見が聞けました。今回の展示では谷川さんの映像も上映されていたのに時間が足りずにみれなかったのでまた覗きに行くつもり。ということで、本来のテーマを忘れてしまうほど、盛り沢山な内容でした。」

打ち込み、ありがとうございました、またおいでください>soritie de secours 333
[PR]
by illcommonz | 2008-01-18 23:21
<< ▼イルコモンズ・インフォショッ... ▼イルコモンズ・レイトショー(仮称) >>