Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「文化人類学解放講座」後期試験答案集
d0017381_249323.jpg「この立体は、小沢健二の「うさぎ!」の灰色に支配されている現在の地球です。「地球は青いもの」と思っている私たちに「これが地球だよ」と示されたら、ぎょっとして、否定してしまうくらい「灰色の地球」は、気持ちの悪い、異常に感じる状態です。灰色に支配されているため、人々はお互いを思いあう心がなく、自分のエゴだけで生きているのです。各地では異常気象が発生したり、戦争や紛争など、物事を暴力で解決しようとしたり、飢えに苦しんでいる子どもがいるのに食糧を独占している国々もあります。色からしてこんなに気持ちの悪い灰色の状態をどうして私たちは見過ごしてこれたのだろう。これからも見過ごして、無いふりをしていくのだろうか? しかし、この立体をよく見ると、抵抗運動をしている人や、立ちなおるきっかけとなるモノなども、まだたくさんはないけれど、存在していることがわかります。全部が灰色に染まっているようですが、そうではないのです。気づこうとすれば、分かろうとすれば、変えたいと願えば...この立体の上の「希望」を探してみることで、自分の生活や世界中に「希望」の火をともす、きっかけとなるでしょう。ただし、何を「希望」ととらえるかは、その人次第です。」

「エコバッグをつくりました。茶、水色、グリーンの布は、それぞれ、土、水、木という自然を表現しています。片面は、手の型をした火が自然を汚していく世界を、もう片面は、つながれた手が自然をキレイなまま守っている世界を描いています。"STOP&THINK" "YOU ARE WHAT YOU SHARE"ということをテーマにつくりました。」

「資産運用・・・一万円=一枚、五千円=一枚、千円=一枚=一万六千円。iPod を買おうか、
パチンコに行こうか、すしでも食べようか、風俗に行こうか、思い悩んだ結果、「お札で鶴を折っ
てみる」ことにしました。まだ手が震えている俺に乾杯。」

「おもてでは、「良い顔」をしている企業。あたかも社会に貢献している、環境を配慮している、などと振舞う企業。しかし実際には、そこには大きな矛盾が生じています。社会や環境を本当に考慮した行動ならば、もっとちがったかたちに現れるべきです。私たちはそれに騙されて、「この企業は良いことをしている」と思い込んではいませんか。企業のうむ矛盾。それを見つけ出すのは私たちです。私たちが気づかなければ、それは成立してしまいます。気がついたところで、巨大な企業には抵抗できないかもしれません。しかし、小さな小さな抵抗でも、たくさんの人たちが集まれば、それは大きなものとなるでしょう。企業を見通す、深い目、広い目を持つことが、たいせつなのです。」

「私は、アメリカやイギリスなどのクリスマス商戦のことは知っていたけれど、その影でこんなに素敵な活動をしているいた人たちがいることを全く知らなかったんです。ナイキもGAPも信じていなかったけれど、それをどう表現していいのか分からなかったのです。映像に映っていたカートの鎖やマネキンの偶像崇拝、そしてシアトルのブラックゾーンやピンクゾーンの人たちは、私にひとつの答えをくれました。"You are what you buy" ということばにどう立ち向かえばよいのか分からなかった私に、ある目標をくれました。もしかしたらかなわない夢かもしれない
けれど。その目標というのは、Buy Nothing Day に"You are what you don't buy"のメッセージを発信するコンサートを開くということ。そのための音楽団体をつくるということです。」

「仮面を被ることによって私は消費者の象徴と化した。空っぽのカートを無言で押すことで、はじめて気づく。「私たちは誰にでも、買わない権利があるのだ」と。」 「いま、僕らが住んでいるこの世界は確かにおかしい。金を、物を使い捨てることに支配されている。地球の裏側の人たちの声に耳をふさぎながら。今回の僕らのささやかな抵抗で、みんあの意識に少しでも変化があれば幸いです。」「偉大なる先人の発想と行動力と勇気を称賛するとともに、それらを踏襲し、実行した我々自身にも惜しみない拍手を」

そのほか、イラストブック、リーフレット、グラフィティ(タグ)、自作本、映像、ペイントジャケット、パンフレット、ポスター、音楽、ポートレート、10年後の自分への手紙、ノートブック、アートパネル、アジテーション・ソング、ミックスCD、落語など。

d0017381_341391.jpg▼「ビデオ・ランデブー
/映像の現在」展
大阪市立近代美術館
(仮称)心斎橋展示室
「文化人類学解放講座」
後期期末試験答案
特別展示
(08年1月19日)

--------------------------------------------------------------------------
[追記1] 先生がアナーキストだと、学生もクリエィティヴで、アクティブになるらしい。
イルコモンズが知る限り、これが日本で最初の「ウィールマート」だと思う。よくやった!
[追記2] 先生は数字にヨワイ。平成18年ではなく平成19年です。ま、たいした違いはない。

▼「文化人類学解放講座」試験問題
http://illcommonz.exblog.jp/5770709/
[PR]
by illcommonz | 2008-01-23 03:06
<< ▼大厄の日日 ▼オカンとぼくと、ときどき >>