人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼「世界のコントロール」を果たした映像作家・市川崑、逝く。
d0017381_2327762.jpg「市川崑監督が死去」
「「ビルマの竪琴」「おとうと」「東京オリンピック」などを撮り、戦後の日本映画界を支えた映画監督の市川崑さんが13日午前1時55分、肺炎のため亡くなった。92歳だった。葬儀は近親者のみで行う。1948年、野上弥生子の「真知子」を映画化した「花ひらく」で監督デビュー。「足にさわった女」「プーサン」など、社会風刺を散りばめた都会派の喜劇を撮って注目された。「ビルマの竪琴」(56年)ではベネチア映画祭サン・ジョルジュ賞を受賞。「鍵」(59年)もカンヌ映画祭審査員特別賞に輝くなど、世界的に高い評価を受けた。記録映画「東京オリンピック」(65年)も大ヒットした。黒沢明、木下恵介、小林正樹監督とつくった「四騎の会」として、69年に脚本を書いた「どら平太」を99年に映画化。翌年の第50回ベルリン映画祭では、映画界への貢献に対して特別功労賞が贈られた。2006年には、自身のヒット作「犬神家の一族」を30年ぶりに再映画化し、これが遺作となった。」(2008年2月13日 読売新聞)

d0017381_23293327.jpg市川崑といえば、小西康晴も絶賛した「黒い十人の女」のスタイリッシュな画面や、庵野秀明がモデルにしたというクレジット・ロールの秀逸なタイポグラフィなどが思い起こされるが、リアルタイムに見た映画として、最も鮮烈に記憶に残っているのは、横溝正史の探偵小説を映画化した「犬神家の一族」(1976年)である。といっても横溝正史の小説はどれもよく似ているので、ストーリーはほとんど憶えていないが、物語の舞台である田舎の屋敷とその座敷の薄暗さはよく憶えている。

d0017381_2334439.jpg
この映画は、田舎のある金持ちの一族の骨肉の争いを描いた猟奇的な物語なのだが、風景描写は淡々として美しく、リンチの「ツイン・ピークス」のオープニングを連想させる。リンチは「ツイン・ピークス」を「ダークな"ペイトンプレイス物語"だ」と云っていたが、さしずめ「犬神家の一族」は「ダークな"小早川家の秋"」と云えるかもしれない。座敷の奥にかけられた犬神佐兵衛の遺影のモンタージュとともに劇中に挿入される殺害場面のハイコントラスのフラッシュバック映像は「ツインピークス」のキラー・ボブのそれを彷彿させる。だが、もちろん、それが市川崑の映画を「映画史」に残る偉大な映画にしているのではない。

d0017381_014489.jpg「ヒッチコックの偉大さは、アレクサンダー大王、シーザー、ナポレオン、ヒトラー、その誰ひとりとして果たすことができなかった「世界のコントロール」を果たし得たことだ。ヒッチコックはドライヤーとただ二人、奇跡を映画にできた映画作家だ。映画「鳥」で鳥に襲撃された街の名を私たちは思い出すことはできないが、子供たちが鳥に襲撃される光景を忘れることができない。そしていまや数千万人の人びとがそれを記憶している。それは、セザンヌやゴッホの絵画の記憶をはるかに超えるものだ。それだけでない。「断崖」でケイリー・グラントがジョーン・フォンテーンの部屋に運ぶミルクのグラス、「見知らぬ乗客」で排水溝に落ちたライターは、忘れ得ない映像として私たちの記憶の中に深く焼きついている。」

と、『映画史』のなかで、たしかゴダールはそんなふうに語っていた(と記憶してる)が、こう語ったときゴダールは、もうひとり忘れてはならない映画作家がいることを忘れていた。

d0017381_23381355.jpgみよ、これを!

このシーンがスクリーンに
映し出された瞬間、誰もが
思わず息をのみ、世界は
悲劇と喜劇のはざまで、
逆立ちしたまま静止する。
「世界のコントロール」とは
まさにこのことである。

市川崑の偉大さは、アレクサンダー大王、シーザー、ナポレオン、ヒトラー、その誰ひとりして果たすことのできなかった「世界のコントロール」を果たし得たことである。犬神家で起きた忌まわしい殺人事件の犯人が誰てあったか、私たちはもはや思い出すことができないが、湖面から突き出した二本の足の映像は決して忘れえぬものとして私たちの記憶に焼きついている。

d0017381_23324648.jpg
市川崑は、ヒッチコックやドライヤーと共に「世界のコントロール」を果たした作家として、ゴダールの「映画史」のなかに登場してしかるべき映像作家であったと思う。
by illcommonz | 2008-02-14 00:12
<< ▼BlogとYouTubeが先... ▼『帝国』の回顧と展望とイルコ... >>