人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼「回顧展」の回顧と展望
同じ時期に行われてた二つの回顧展の回顧。
.........................................................

▼村上隆回顧展「(C)MURAKAMI」
「まだ45歳なので少々早い気もしますが、ロサンゼルス現代美術館から招聘されまして、このたび回顧展を行なうこととなりました。この回顧展はこれまでの作品を包括的にまとめた、私のアイデンティティを具現化した内容となっています。「(C)MURAKAMI」というタイトルも、「パブリック-個人」、「美術館-アーティスト」など多岐にわたる緊張をはらんだ、私の活動を表わすに秀逸なタイトルだと大変気に入っています。さらに、今回はLAMOCAの多大な協力があり、保守的な美術館ではあり得ないような挑戦をいくつも行ないます。そういった意味でも論争を呼ぶような展覧会になると確信しています」(「カイカイキキ・村上隆メッセージ」より)

d0017381_541238.jpg
【参考】
▼「(C)MURAKAMI|村上隆 回顧展(C)MURAKAMI」
http://www.kaikaikiki.co.jp/c-murakami/
▼「村上隆氏の回顧展開催、初の完全オリジナル・アニメ作品も」
http://wiredvision.jp/news/200710/2007102920.html

------------------------------------

▼イルコモンズ回顧展「illcommonz infoshop」
「42歳の厄年ですが、年末に警視庁の「治安の回顧と展望」というレポートを読んでカチンときたので、「回顧と展望」というタイトルの展示をやることにしました。いまのグローバリズムの世界(あるいは「灰色」が支配する世界)に抗議している人たちは、それを抑えつけようとする側からすれば、厄介で、面倒で、邪魔で、頭のおかしな人たちに見えるかもしれませんが、でも、決して「悪」でもなければ、また「テロリスト」でもありません。「治安の回顧と展望」をよむと、日本の警察はどうやら「テロリズム」と「アナーキズム」の違いがよく分かってないようなので(あるいは分からないふりをしているようなので)、美術館という公共の場で映像と現物を展示して示すことにしました。保守的な美術館ではやれないような挑発が散発的に行われるかもしれません。「イルコモンズ・インフォショップ」というタイトルは、「情報や知識の共有」「美術館の外にある現場と協働」そして「抵抗の表現」など、政治的な緊張をはらんだイルコモンズ活動を表わすタイトルですが、これはあくまでも「仮称」です。また、「ショップ」とはいっても、そこでは売れるものも買えるものもありません。そのかわりに最終日に、美術家を廃業した後、イルコモンズとして書いてきたものやつくってきたもの105種類を来場者に無料でさしあげます。芸術には(C)はいらないと思ってますので、「コピーライトフリー」のコモンズとして自由に使ってください。」(「洞爺湖通信第31号「国内の活動」より)

d0017381_542446.jpg
【参考】
▼「イルコモンズ・インフォショップ(仮称)建設の歩み」
http://illcomm.exblog.jp/6977404/
▼「インフォショップ開店」
http://illcomm.exblog.jp/6977425/
▼「回顧と展望」展のカウンター・モチーフ
http://illcomm.exblog.jp/6981207/

▼「CCLearn と(C)MURAKAMI」
http://illcomm.exblog.jp/5867972/
▼「やっぱり芸術に(C)はなくてもいいと思う(その理由)」
http://illcomm.exblog.jp/5875734/
by illcommonz | 2008-02-15 05:14
<< ▼「帝国」に抗する「もうひとつ... ▼BlogとYouTubeが先... >>