人気ブログランキング |
Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2019年 09月
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
▼イルコモンズのもうひとつの世界はいつでもとっくに可能だ・最終回
d0017381_23565448.jpg「お金をもってる人はお金を、
もってない人は知恵をだして
下さい」というのが1960年代の
ベ平連に代表される市民運動の
方法論だったので、そうすること
にした。「イスラエル兵に左目を
撃たれた岸田薫さんを支援する会」

に支援金を送るかわりに、今回の
「ワンダーウォール・キャンペーン」
のことを記事にして「月刊オルタ」
に載せ、誌上で支援金を募ること
にした。「月刊オルタ」は先々月号で
「パレスチナ特集」を組んだばかり
なので、きっと反応があるだろう。
「月刊オルタ」の前身は、べ平連の
「AMPO」だったので、図版には
べ平連と岡本太郎のコラボレーシ
ョンである「殺すな」のステッカーを
使った。きっと反応があるだろう。
来月発売されたらそちらに送るので、
パレスチナにもどったら、あの壁に
また貼り付けてください>志賀くん

ちなみに、イルコモンズの連載は今回が最終回なので、気前よく全文掲載しよう。
.......................................................................................

▼「ワンダーウォール・キャンペーン」
「昨年末から今年にかけ、パレスチナに滞在していたアナーキストの友人からの呼びかけではじまった「ワンダーウォール・キャンペーン」。日本からは26人が参加し、40日という短い期間で、あっという間に実現した。その詳細は「ワンダーウォール・キャンペーンの回顧と展望」でよむことができる。また、YouTubeでドキュメント・ムービーをみることができる。隔離壁は依然としてそこにある、が、しかし、その壁の一角の風景は変わった。風景が変わることから世界は変わるのだし、世界の見え方が変わらなければ世界は変わらない。だが、なにより、「やればできるし、想えば叶う」という確信を共有できたことが嬉しく、これでまたもうひとつ、「もうひとつの世界」への展望が開けたので、この連載の最後を次の引用でしめくくり、展望を共有したいと思う。「今回の共同作業にものすごい可能性を感じました。どこかになにかを決める代表者がいるわけでもなく、絵のよしあしを決める人もなく、すべての作者の絵をはり、また誰の絵だかわからなく、元からあった絵と時間を越えてひとつに交じり、破れかけた絵は修復され、絵は政治的である必要もなく、絵の描き方は自由であったこと。おのおのがうまいことNETを利用して、勝手に文章を引用しあって、ひとつの文章にして、広められたこと。短時間にもかかわらず、ひとりひとりが迅速に絵を描き、送り、回収し、送り、受け取り、行動し、レスポンスが返せたこと。現地ではコーディネートする人がいて、フィルムをまわす人がいて、写真をとる人がいて、モデルになる人がいて、作業をする人がいて、そしてまた日本にレスポンスを返す人がいたこと。どこの部分も重要で、必要枠で、どこかに中心があるわけでもなく、自由参加で、自然発生的で即興的であったこと。遠くの問題をネガティブに考えればいくらでも落ちることはできるけど、それをおもしろいことに転換し、身近な問題に近づけること。こうしてめぐりめぐった縁がなによりも、おもしろかったこと。まさに宴そのもの。ほんとうによかった。みなさま、愛しています!! また、なにか一緒におもしろいことしましょう! !」 (おわり)。
.......................................................................................
と、みたとおり、その半分以上が引用文なので、原稿料がでたら、それをパレスチナまでの
郵送代にあてて雑誌やDVDを送るので、送り先を知らせてください>志賀くん
by illcommonz | 2008-02-20 00:09
<< ▼連載終了 ▼花と嵐のマルチチュード、上野... >>