Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼ネグリそこのけのおもしろさ
d0017381_344142.jpgネグリのいないシンポジウムは、
結果として、おもしろかった。
ネグリがいないことをつい忘れて
しまうくらいの、おもしろさだった。
もしこう云ってよければ、それは
ネグリそこのけのおもしろさだった。
それもそのはず、そもそもラウンド
テーブルにかけつけた全国の有象
無象たちは、ネグリにかこつけて、
いま、最もアクチュアルで、かつ、

現在進行形の活動の最前線のことを互いにレポートしあっていたのだから、
それがおもしろくないはずがない。仮にネグリがその場にいたとしても、
ネグリのことなど放ったらかしにして、あのレポート合戦は進んでいただろうし、
ネグリもそういう脱中心的で脱権威的なカモスモス的状況を愉しんだはずだ。
そう、ネグリのいない上野にもカオスモスの雨はちゃんと降り注いでいたのだ
(そしてネグリが来てないのに上野の空にはちゃんとヘリが飛んでたそうだ)

d0017381_422487.jpg

1968年のヴェネチア・
ビエンナーレの占拠事件を
彷彿させる会場。
たとえば、「貧」のセクションでは「ガソリンスタンド・ユニオン」のことが話された。
たとえば、「戦」のセクションでは「合意してないプロジェクト」のことが話された。
たとえば、「共」のセクションでは「長居公園の演劇レジスタンス」のことが話された。

そして、そのなかで告げられた「生存組合」というクリエイティブで大胆な構想に、
驚きと興奮の声があがった。そして、パリからの電話の最後にネグリが告げた
マルチチュードの「組織化」ということばに、新たな民主主義の構築が新たな次の
ステージに向けて進みつつあることを誰もが予感し、未来へのドアが開くのを感じた
はずだ。マルチチュードの共同体はいかなる名前を持つのだろうか?それ以前に
それははたして共同体と呼べるのだろうか?そんなことを考えていたら、ふと、
こんなことばが、ぽっかり頭にうかんできた。

d0017381_423435.jpg
それはすでにもうはじまっているし、僕らはすでにそれに生成変化しつつある。
もはや組織とも共同体とも呼べない互いに特異なることを共にする者たちの集合体
としての「共異体」に、そして、「いきもの組合」に、ネグリよりも速く、ネグリすら超えて、
ネグリのいない、やがて来る未来にむかって、ネグリの思考の彼方で。

d0017381_585486.jpg

-------------------------------------------------------------------

d0017381_4241579.gif[追記]
たとえば、雨宮処凛は、
「ガソリンスタンド・ユニオン」に
ついてこう書いている。
「自分内・内ゲバ」は止めた」
「最近、またまた素敵な労働組合が結成された。それは「ガソリンスタンド・ユニオン」。20代のバイトの若者たちで結成された組合だ。が、会社に組合の結成を通知し、団体交渉を申し入れた3日後、組合員に解雇が通告される。解雇理由は「サブプライムローンの破綻による世界的な景気後退予測の強まり」……。ガソリンスタンドユニオンの連帯集会の告知文には「アルバイトにサブプライム問題の責任を取らせようとするなど勘違いも甚だしい」とある。昨年からのガソリン価格の高騰で、今、多くのガソリンスタンドはセルフ方式に変わっているという。そこで真っ先にクビを切られるのがバイトだ。というか、ガソリンスタンドや多くの飲食業はほとんどバイトで回しているようなものなのに、彼らは業績悪化であっさりとクビを切られてしまう。そんな状況に黙っていないで立ち上がった若者たち。一昨年くらいから多くの若者が全国各地で同時多発的に立ち上がり、フリーターでも1人でも入れる「インディーズ系労組」を次々と結成しているわけだが、そんな姿を見て、自分たちも始めようと労組を訪れる若者たちは後を絶たない。行くたびに新しい顔ぶれがいて、次の「反撃」の作戦を練っている。そこはいつも、はちきれそうな熱気に満ちている。少し前まで、若者たちは不安定で貧乏な自分を責め、人に責められ、世間からはバッシングされ、そうしてたまりにたまった怒りを、自らを傷つけることなどに向けてきた。自分だけが悪いわけではないような気もするけれど、一体誰が悪いのかわからない。怒りと苛立ちに自家中毒を起こした心は「自分内・内ゲバ」のように彼らを蝕む。そう、私たちはずーっと自分自身と不毛な内ゲバをしてきたのだ。しかし、私たちは見つけた。人を1人でも多く蹴落とすことばかりを子どもの頃から叩き込まれてきたけれど、そうじゃない生き方もあるのだ、と。「連帯」や「団結」という、「競争」を強いられてきた私たちから一番遠い言葉はあまりにも新鮮で、そんな純度の高い「連帯」は、競争社会で傷ついてきた若者たちだからこそ、輝いて見えるのかもしれない。」(雨宮処凛)
....................................................................

「希望は、戦争」(赤木智弘)だなんて云うが、とんでもない話だと思う。まったく同感できない。そうではなく、「希望はスト、希望はデモ、希望はユニオン、希望はコモン」だとそう云いたい。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-03 04:42
<< ▼こんなときプーならどうするだろう ▼倒壊から一夜あけて >>