Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼「共=コモン」について
d0017381_3242360.jpg
「現代思想」ネグリ特集号の座談会原稿を脱稿。イルコモンズに無断で一部転載。

小田:映画「ミラノの奇蹟」には、今回のラウンドテーブルのテーマである「貧」「戦」「共」のすべてがそろっています。さらに云えば、「生権力」や「エクソダス」を思わせるシーンもあります。でも、なにより素晴らしいのは、「貧しき者」たちが雲の切れ間から射しこんでくる一筋の太陽の光と熱を互いに体を寄せ合って「共」に分かち合う場面です。これは映画史に残る素晴らしい「共」のシーンだと思います。この美しい映画をネグリとそこに集まった人たちと「共」に分かち合いたかった。ネグリがどんな表情でその映画を見るのか、そばで見てみたかったし、見終わった後にネグリがどんな話をしはじめるのか、そばで聞いてみたかった。なにより「共」がつくりだす情動にふれてみたかったのです。僕は映画を愛する人間です。映画のいいところは「共」の体験ができるところです。映画は、大勢の人たちと一緒にみんなで観ることができるものです。パソコンや携帯電話はたいてい独りで見ます。皮肉なことに、いま僕らは、こうしたネットワークの道具によってますます分断された孤独な生を生きさせられています。テクノロジーの監獄の独居房の中で暮らしています。最近は映画も、DVDやネットで独りで見るものになりつつありますが、もともと映画というのは、映画館で誰かと「共」に見るものでした。見知らぬ人たちと一緒に、同じ時間に同じ場所に集まって同じスクリーンから同じ光を浴びるのが映画です。そういう意味で、映画は「共」を体験する場なのです。ネグリの云う「共」は視覚化しにくいものです。ことばで伝えるのが難しいものです。なぜなら「共」は「共になる」体験やその実践のなかに立ち現れ、音や熱や肉を通じて感受される経験だからです。なので昨日は、まずはじめに「ネグリが愛した映画」をみんなで「共」に観ることからはじめ、いま失われつつある「共」の場をもう一度とりもどしたいと、そう思ったわけです。」(つづく)
[PR]
by illcommonz | 2008-04-16 03:27
<< ▼しあわせたまごかけきのこごはん ▼消されたユートピア >>