Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼大学の教師にも伝えたいこと
d0017381_013018.jpg「単元学習というのは、もっと「身をもって指導する」ことなのです。「身をもって」ということは、もっとほんとうにからだを動かして、口だけでなく、手も足も使って、ということです。たとえば、意見文を書くという場合、自分たちの生活から、何か考えのあること、人に訴えたいことを見つけて書きなさい、などと云われます。そういう言い方で、指導するだけでなく、ちゃんと子どもたちがタネを持てるように指導すべきです。子どもがいま考えたらいいこと、考えるべきこと、考えて書けば甲斐のあること、そういうことを見つけて、もちろん、「これを書きなさい」というのは、昔のことばで、単元学習のことばではありません。そんなおしつけがましいことばで言う教師はいません。見つけたものを見せるだけです。それが手びきです。その中から子どもが拾ってもよし、それがヒントになって何か他のことを書いてもいいのです。けれでも、書くタネを十分与えるということ、それを見ただけで書く意欲に燃えるようなものを出す。また、書いてもつまらないということのない、値打ちのあるものを提出するということが、教師の仕事だと思います。それが身をもって教えるということの、一例です。教師が子どもと一緒に生きている人間として、何を拾ってみせられるかということが、教師の力です。教師が子どもの数を超える、たくさんの題材を拾ってみせるのです。」(大村はま「日本の教師に伝えたいこと」

アフリカでフィールドをやっていた時も、美術館でインスタレーションをつくっていた時も、「文化人類学解放講座」や「イルコモンズ・トラベリング・アカデミー」そして、この「イルコモンズのふた」をやっている今も、やってることは同じ。ただ「拾ってきて・見せること」。ちがいは、それがフィールドデータだったり、ジャンクだったり、資本主義の廃物だったり、教材だったり、YouTube映像だったり、詩だったりするだけのこと。論文でもなく、作品でもなく、著作でもなく、そして表現や教育ですらなく、やりたいのは「単元づくり」。それをただ、身をもって場所とメディアを移しながらやるだけのこと、ただそれだけ。「ことは単純に、しかし、工夫は豊かに」。ただそれだけのこと。「さて、今日の単元はうまくいっただろうか?」。教育実習4年目の春に想う。教室はまだないが、教室はどこにでもある。教室はメディアであり、いまは教室がメディアである。

[追記] ケニアのシャーマンたちのもとでシャーマニズムを学びながら、いまもまだ依然として人類学者にはなりそこねてはいるが、でも、このまま続けてゆけば、いつか「メディア」になれるかもしれない。そもそもシャーマンは霊媒=メディウムなのだから、もし「メディア」になれたとしたら、それなりに筋は通っている。ケニアでシャーマンたちが身をもって教えてくれた単元学習はちゃんと生きている。今にして思えば、よい「野の教育」を身につけさせてくれたと思う。
[PR]
by illcommonz | 2008-04-24 00:13
<< ▼ECDに幸あれ ▼おいしかったコーヒーの真実 >>