Top

いる・こもんず 【普通名詞】 01| ありふれて変なもの 02| 扱いにこまる共有物 03| 分けても減らぬもの 04| 存在とは常に複数で他と共にあり、狂えば狂うほど調子がよくなる
はじめに、ふた、ありき

イルコモンズ編
見よ ぼくら
四人称複数
イルコモンズの旗
(Amazon.comで
大絶版廃刊中)
以前の記事
2018年 07月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
記事ランキング
▼責任者はでてこない
d0017381_4561130.jpg「対談フォークゲリラ・ノーリターンズ!?フォークの
暗さよ我らに再び」という対談で「社会に意見する
ことを覚えたのは、人生幸朗と生恵幸子のボヤキ
漫才からだった」という話をしたら、同じ齢で社会学
者の酒井隆史もそうだったらしい。人生幸朗があの
大きな体をゆすり始めると、きたきた、くるぞくるぞ、と
ワクワクしたものだ。当時の流行歌へのつっこみは
リアルタイムでないと生彩を欠くが、「締め」の長調子
は見事。願わくば、あの「責任者でてこい!」の怒声を
もういっぺん聞いてみたい。

▼人生幸朗・生恵幸子「ぼやきアラカルト」
http://www.youtube.com/watch?v=wHQflkzqDx8

▼「人生幸朗・生恵幸子」(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
「人生幸朗・生恵幸子(じんせいこうろう・いくえさちこ)は、戦後に活躍した吉本興業所属の夫婦漫才コンビ。歌詞・世相などにイチャモンを付け、「責任者出て来い!」の決めゼリフを吐くボヤキ漫才で、本拠地の大阪のみならず、テレビ・ラジオを通じ全国的人気があった。
世相を槍玉に上げては、とんちんかんな難癖を付ける「ぼやき漫才」の第一人者。一般的なしゃべくり漫才とは趣を異する、この「ぼやき漫才」の遣い手には、幸朗の師匠の都家文雄・静代、東文章・こま代らがおり、前者は主に社会風俗、後者は映画を題材にぼやき一時代を成していたが、1982年に幸朗が他界して後には、継ぐ者が殆ど居らず廃れてしまった。
人生幸朗・生恵幸子は世相のみならず、流行歌の歌詞にケチをつけ歌謡漫才の要素を加味した事で、人口に膾炙した。このため幸朗・幸子に扱き下ろされれば、歌手として一人前という風潮さえあった。」

「歌のボヤキが最高潮に達した時、「(幸朗)責任者出てこい!」「(幸子)出てきたらどないすンのン」「(幸朗)謝ったらしまいや!」。ここで幸子が一喝。「(幸子)アホ!いつまでぼやいてんねや、この泥亀!」(あるいは「人が黙って聞いとったら、いつまでいちびってんの。ほんまに~!」または「いつまでしゃべっとんねん。このヨダレくり!」)「(幸朗)かあちゃん堪忍!」「(幸子)何がかあちゃんや!」「(幸朗)ごめんちゃい!」と言って両手を頭の上に持っていって股を開く。

*そして幸朗が締の一節を述べる。
「(幸朗)我侭勝手なことばかり申し上げまして(幸子ここで「わかってンのンかいな」の一言を挟む。)、お叱りの言葉もございましょうが、これは私の本心ではなく、相方生恵幸子の書いた筋書きでございます」「(幸子)嘘つけー、自分勝手にしゃっべてるんやないかぁ」「(幸朗)笑いこそ健康の栄養素!凝りと疲労の回復剤!」「(幸子)何ンや薬屋のオッサンみたいな事言うてんねエ」「(幸朗)笑え。笑え。笑う門には福来る。皆様のご健康とご発展とを心よりお祈り申し上げ、ボヤキ講座予定終了でございます」。

*締めの一節は持ち時間により伸縮自在で、「わがまま好き勝手をしゃべって参りました。こんなおもろない漫才聞きとうないわ~い!というお叱りの言葉もなくご静聴賜りまして誠にありがとうございました」や、「これひたすら、私(わたくし)一人の人徳の致すところ~」のパターンもあった。」
[PR]
by illcommonz | 2008-04-26 04:58
<< ▼フライングサーカス ▼ニュースはありません >>